田島ルーフィング 「UDフロアシステム」がキッズデザイン賞奨励賞を受賞

写真拡大

 田島ルーフィング(株)の「UDフロアシステム」が、「第11回キッズデザイン賞 子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン 一般部門」にて、奨励賞となるキッズデザイン協議会会長賞を受賞した。

 「UDフロアシステム」は、低突起型の点字ブロックを中心にした、屋内用の視覚障がい者用誘導システム。白杖での認識に優れ、高齢者や子どもなどがつまずきにくく、車いすの移動にも妨げにならない。またベビーカーに与える振動も9分の1程度に軽減する。

 これまでの屋内用展示ブロックは、条例で規定されている「受付」までしか設置されていないのが一般的で、その先のエレベーターやトイレまで設置されている場合でも、JIS型点字ブロック(高さ5mmの突起)では、高齢者の転倒原因となったり、ベビーカーの車輪が引っかかるなどやさしい環境ではなかった。そこで同社では、視覚障がい者団体の協力を得て工学的な実験と定量的な評価を繰り返し実施、歩行の支障とならず、かつ確実に白杖で検知できる突起の高さと形状、間隔を導き出し、「UDフロアシステム」を開発した。