バイエルンを解任されたカルロ・アンチェロッティ監督

写真拡大

 バイエルンを解任されたカルロ・アンチェロッティ前監督が、早期の現場復帰の噂を否定している。イタリアメディア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「これから10か月ぐらいは休みたい。どのチームにも入らないよ」というコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は9月27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のパリSG戦で、0-3の完敗を喫したため解任。その後は、古巣のミランに復帰するのではないかという噂が上がっていた。

 さまざまな宗教を信仰する子供たちが共にサッカーをプレーする活動を支援するNGO団体「平和のためのアシスト(Assist for peace)」の招待で、エルサレムに滞在していたアンチェロッティ監督。報道陣から現場復帰について質問されると、そのような噂をやんわりと否定した。

「とりあえずは静かにしていたいね。今はここでとてもハッピーにやっている。私に言えることはそれだけだ。私は今の活動をやっていきたいと心から思っていたんだ。子どもたちは私たちの未来だからね」


●ブンデスリーガ2017-18特集