マンUのラッシュフォードとマルシャル photo/Getty Images

写真拡大

今季のマンチェスター・ユナイテッドで特徴的なのが、左サイドでアントニー・マルシャルとマーカス・ラッシュフォードが熾烈なポジション争いを見せていることだ。ラッシュフォードはセンターフォワードでもプレイできる選手だが、指揮官のジョゼ・モウリーニョは左サイドで起用する考えを固めているようだ。
先日もズラタン・イブラヒモビッチが復帰するまでロメル・ルカクを休ませることは難しいと語っており、ラッシュフォードはこのまま左サイドでプレイすることになるだろう。
英『TalkSport』によると、ラッシュフォードもマルシャルとのポジション争いが良い刺激になっているようで、「競争がないと成長しない。若い選手たちにはそうした周囲の環境が必要なんだ。僕たちは2人とも今のチームのフットボールを楽しめていると思う」と語っている。

マルシャルも今季は出場するたびに結果を残しており、昨季とは明らかに別人だ。フランス代表の一員として2018ロシアワールドカップに出場したいとの思いもあり、アピールに燃えているのだろう。一方のラッシュフォードも与えられた左サイドで出場機会を確保する必要があり、ゴールという結果でモウリーニョの信頼を勝ち取ろうと奮闘している。

現段階ではマルシャルとラッシュフォードのどちらが上か判断するのが難しいほど両者は良いパフォーマンスを見せており、この争いは2人を成長させることに大いに役立っているはずだ。