グリーズマン、「子供向け児童書」の主人公に抜擢!

写真拡大


アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、子供向けの児童書の主人公になるようだ。

自らのキャリアを基にした『Goal』シリーズというものだそうで、「若い人々に価値を伝えること」を目的としているとか。作中の主人公である少年の名前は、「Tony Grizi」だそう。

アントワーヌ・グリーズマン

「幼い頃、ベッカムやジダンらの話からインスパイアされたシリーズを読むのが大好きだったんだ。

そういうわけで、僕の子供の頃のシリーズ『Goal』を君たちと分かち合いたい。気に入ってくれるといいな」

6作品計160ページのボリュームで、シリーズごとの価格は10.95ユーロ(1,454円)。

第1弾は10月12日に発売され、今後2019年2月まで随時発表になるという。