©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”など「二人のお耳に入れておきたいこと」に対して、マツコ・デラックスと有吉弘行が好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

©テレビ朝日

10月4日(水)の放送では、視聴者からある科学館のチケットの裏面に書かれた「永遠に生きられたら、永遠に生きるだろうか」という哲学的な質問を子どもから問われたときに、どう答えたらいいかというメールが視聴者から届く。

このメールに対して、マツコと有吉のふたりは「永遠に生きられたら…」とそのときの地球の様子を想像し、盛り上がる。

もしも、永遠に生きられる薬を手に入れたら飲むか? それとも、飲まないか?という問題について考えていたところ、有吉がマツコに向かって放った、まさかのひと言とは…?


さらにこの日の番組では、「なぜ自販機にラーメンスープは売っていないのか?」というメールについてもマツコと有吉が議論を繰り広げる。