吉田麻也、“元チームメイト”現役引退のFWランバートは「真のレジェンド」

写真拡大

 サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、10月2日に現役引退を表明した元イングランド代表FWリッキー・ランバートに対し、自身のSNSでメッセージをつづっている。

 ランバートは1982年生まれの35歳。リヴァプールの下部組織出身で、ブラックプールやブリストル・ローヴァーズなどを渡り歩いた。2009年夏にサウサンプトンへ移籍すると、当時リーグ1(3部相当)だったチームで得点を量産。2010−11シーズンにチャンピオンシップ(2部)昇格に貢献すると、翌2011−12シーズンにはプレミアリーグ昇格の立役者となった。

 2013年8月には31歳でイングランド代表に初招集。代表通算11試合に出場し、3ゴールを挙げている。2014年夏には出身クラブであるリヴァプールへの移籍を果たし、1年後にはウェスト・ブロムウィッチへ加入。昨シーズンまでカーディフでプレーしていたが、現在は所属クラブがない状態だった。

 吉田は2012年8月、VVVフェンロ(オランダ)からサウサンプトンに移籍。約2年にわたり、ランバートと共にプレーした経験を持つ。DFとしてトレーニング中に、同選手と対峙した時の思い出を記している。

https://www.instagram.com/p/BZx00rjHYJc/

「Truly legend!!!ランボーが引退。初めてサウサンプトンに来てマッチアップした時の衝撃半端じゃなかった。ありがとう。お疲れ様!#rickielambert」

 吉田は現在、日本代表に合流するため帰国中。日本代表は6日に豊田スタジアムでニュージーランド代表と、10日に日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。