ベンゲルがカタルーニャ独立について語る

写真拡大

ベンゲルはカタルーニャがプレミアリーグに参入するようになるとは考えていない、としながらも「この政治的に重要なクラブを迎え入れるのは興味深いことだ」と考えを述べた。

「私はカタルーニャ語を勉強するだろう、そしてFCバルセロナがプレミアリーグに参入すれば、私達みんなにとって優勝がさらに困難になるだろう。しかし、そこまでに至ることは無いと考えるが。」

「事態がどのようになっていくのか、スポーツにおいてはどのようなインパクトがあるのかが非常に興味深い」と監督は語った。

しかし、ベンゲルは、バルサが加入する前にセルティック・グラスゴーやグラスゴー・レンジャーズなどのスコットランドのチームが加入すべきだと述べている。
「我々のクラブは20で十分だが、もし24に増えるのであればスペインのクラブよりもスコットランドのクラブを迎えるべきだ」とベンゲルはコメントした。