リヨンは欧州CLでも準決勝進出の好成績を残している【写真:Getty Images】

写真拡大

フランス1部リヨンDFマルセロにまさかの事態…海外メディア「不憫で残酷すぎる退場」

 サッカー・フランスリーグの世界的名門クラブのDFが、主審の“勘違い”により退場処分を受ける悲劇が発生。決定的瞬間を捉えた画像を海外メディアが紹介し、「不憫で残酷すぎる退場」「史上最も摩訶不思議な退場」と波紋を呼んでいる。

 まさかのシーンだった。悲劇の主人公になってしまったのは、リヨンDFマルセロ・アントニオだ。

 1日に行われたリーグ・アン第8節のアンジェ戦。後半5分、ペナルティエリア付近で相手選手を倒したマルセロは、主審にイエローカードを提示された。判定に不満だったのか、「なぜ?」といった表情で両手を広げ、感情をあらわにした。しかし、次の瞬間、まさかの事態が起こる。

 マルセロが上げた左手と主審がカートを持って下ろした右手が当たってしまい、カードはひらひらと舞ってピッチへ。明らかに偶発的に起きてしまったように見えるが、主審は故意と思ったのか、落ちたカードに一瞥すると、あろうことか右ポケットに手を突っ込み、今度はレッドカードを提示した。

 予期せぬ展開に当然、マルセロは両手を振って故意じゃないと猛抗議。周囲のチームメートは頭を抱え、呆然とした様子だった。

 リヨンは2001年からリーグ7連覇を達成した世界的名門。そんなクラブで起きたあまりに不憫なシーンに海外メディアもこぞって特集している。

世界が「?」の嵐「史上最も狂ったレットカード?」「史上最速のイエローとレッドのコンボ」

 米メディア「FOXスポーツ」は「史上最も狂ったレッドカード…?」と報じ、同メディアのアジア版ではマルセロの手が当たり、イエローカードが宙をひらひらと舞った決定的瞬間を公式ツイッターに掲載している。

 英紙「デイリー・メール」は「マルセロは偶発的なイエローカードの振り払いから、不憫で残酷すぎる退場を命じられることになった」と報道。「そもそも、直前のイエローの判定すら懐疑的だったにもかかわらず、最終的にはレッドカード。このブラジル人にとってはあまりに不運なことが続きすぎた」と同情した。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「アンジェ対リヨンで、史上最も摩訶不思議なレッドカードが誕生」と報じ、英紙「イブニング・スタンダード」によれば、リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長は「彼はシンプルにがっかりしたジェスチャーを振る舞っただけじゃないか。本当にアンフェアな出来事だ」とご立腹だったという。

 リーグ・アン専門ライターのモハメド・アリ氏は「リヨンのマルセロは世界最速のイエローとレッドのカードコンボをお見舞いされた」と自身のツイッターで紹介していた。

 ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)、日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)の所属するフランス1部リーグで起きたまさかの展開。1人を失ったリヨンは試合も3-3で引き分け、後味の悪さだけが残ってしまった。