買いすぎ注意! 集めたくなるアートグッズ

写真拡大 (全10枚)

ROPPONGI ART SHOPPING
買いすぎ注意!集めたくなるアートグッズ

アートスポットに行ったのなら、併設するショップのチェックもお忘れなく。
アーティストとの距離がグッと近くなるはず。

森美術館のモリ アート ミュージアム ショップ
アート&デザインストア

2003年、六本木ヒルズ森タワーのオープンとともに最上階に開館した「森美術館」。夜でもゆっくり鑑賞できる美術館として、現代美術を中心にさまざまなジャンルの展覧会を開催している。同階のミュージアムショップには、展覧会にあわせたグッズや書籍が充実し、入場口がある3階の「アート&デザインストア」には、作家とコラボレーションしたオリジナルグッズが数多く取り揃えられている。限定のアートグッズを手に入れて、現代美術をより身近に感じて。

上/草間彌生が富士山を描いた大作『生命は限りもなく、宇宙に燃え上がって行く時』が手ぬぐいに。2300円 右上/奈良美智が、ドイツ留学時代にグミをよく食べていた、というエピソードからできた「グミガール」。5つのカラーリングから選べて、頭のふたを開けると、ぶどうとオレンジ味のグミが。3600円 右下/シンガポール出身のアーティスト、リム・シンイーが主宰する《モノサーカス》。3Dプリンタを駆使したユニークな造形のアクセサリー。ブローチ 7223円 ネックレス 7408円 中央右/タイの漫画家、通称タムくんによる、オリジナルのコースター。愛らしいイラストとともに、ちょっぴり意味深な一言が添えられている。620円(6枚セット) 中央左/展覧会に関連して揃った、フィリピンの伝統工芸品。カピス貝を磨いて継いだ、ピカピカの小物入れ。1400円(2点セット)

サンシャワー:東南アジアの現代美術展
1980年代から現在まで

リー・ウェン《奇妙な果実》 2003年

会期:開催中〜10月23日(月)
会場:森美術館、国立新美術館 企画展示室 2E
開館時間:
森美術館/10:00〜22:00(火は17:00まで)
国立新美術館/10:00〜18:00(金・土は21:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日:森美術館/会期中無休、国立新美術館/火
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

ROPPONGI HILLS ART & DESIGN STORE
港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ
ウェストウォーク 3F
03-6406-6280
[営]11:00〜21:00
[休]無休

MORI ART MUSEUM SHOP
港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー 53F
03-6406-6118
[営]10:00〜22:00
火10:00〜17:00
[休]美術館休館日に準じる

21_21 DESIGN SIGHTのトゥーワン・トゥーワン・デザインサイト ショップ

東京ミッドタウン内、檜町公園に続く緑地「ミッドタウン・ガーデン」の中に建つ「21_21 DESIGN SIGHT」。デザインの未来を考え、文化としてつくっていく活動拠点として2007年に誕生した展示施設だ。毎回ユニークな切り口でデザインやアートの展覧会が開催され、エントランスにあるショップコーナーでは、展覧会に参加している作家やテーマにまつわる書籍・グッズが並ぶ。デザイン界を代表するクリエイターたちが手がけたアイテムを、期間限定で紹介することも。

「21_21 DESIGN SIGHT」のオリジナルグッズ。  右下・上/21_21ロゴステッカー 300円  右下・下/21_21グラフィックプレート 700円 中/A2サイズ(420×594mm)におよぶ、超大型の展覧会出版物。「苦労してページをめくることで、本展のコンセプトを体で理解してもらえるのでは」と、展覧会ディレクターの青野さん。550円 左下/「そこまでやるか」のトートバッグ。「緻密なデザインで知られるneucitora・刈谷さんの大胆なロゴがインパクト抜群です(青野さん)」 2200円

「そこまでやるか」壮大なプロジェクト展

フローティング・ピアーズ、イタリア・イセオ湖2014-16でのクリスト(Photo: Wolfgang Volz)©Christo

会期:開催中〜10月1日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
休館日:火

21_21 DESIGN SIGHT SHOP
港区赤坂9-7-6
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
03-3475-2121
[営]10:00〜19:00
[休]火、年末年始、展示入れ替え期間

国立新美術館のスーベニアフロムトーキョー

コレクション作品を所有しないことで、国内最大級の展示スペースを持ち、よりさまざまなテーマで展示を行うことができる「国立新美術館」。ミュージアムショップは、地下1階、1階フロアにある「スーベニアフロムトーキョー」。世界中からさまざまなものが集まる東京の、その混然とした状況を余すところなく伝えようと、独自のセレクトで展開している。品揃えは漫画からアートブック、工芸品から若手デザイナーの作品まで。東京の「いま」が感じられるショップだ。

上/「スーベニアフロムトーキョー」オリジナルのスケッチブック。ロゴデザインはアートディレクターの佐藤可士和。1600円 中央/「サンシャワー」展オリジナルのマスキングテープ。東南アジア10カ国の国旗の色がモチーフに。400円 右下/アーティストユニット・magmaによるキーリング。毒々しいカラーリングと独特なアナログ感が絶妙。3000円〜 左/カバン作家・カガリユウスケが手がける、「壁」をテーマにしたショップオリジナルカードケース。各5000円 下/木版画を基調とした、民芸・工芸品を製作している「真工藝」。独自の木版手染めで色づけされた猫のぬいぐるみは1点1点手づくり。930円〜

SOUVENIR FROM TOKYO
港区六本木7-22-2

国立新美術館 1F、B1F03-6812-9933
[営]10:00〜18:00
金10:00〜20:00
※美術館の開館時間によって延長の場合もあり
[休]美術館休館日に準ずる

メトロと街のマガジン メトロポリターナ

メトロポリターナは毎月10日発行。東京メトロ駅構内の専用ラックで期間限定(10日間)で配布されている情報満載のフリーペーパーです。
http://metropolitana.tokyo/