日本人ドリブラーは世界に通用するのか?

 それは日本サッカーが世界としのぎを削っていくために、目を向けるべきテーマだろう。近年、日本サッカー界はパス戦術に傾倒しすぎた。世界を席巻したバルサの華麗なパス回しが、極端なサッカー観を作った。一方で日本代表監督がヴァイッド・ハリルホジッチになってからは、ポゼッションをかなぐり捨て、極端なカウンター戦術に舵を切った。パスを極力減らし、”速い攻撃”に主眼を置いた。

 しかし、その両極の間にある「ボールを運び、(敵を)ずらし、仕掛け、崩す」というドリブルこそ、見直されるべきではないか。

 その点で原口元気(ヘルタ・ベルリン)がひとつの可能性を示している。


バイエルン戦で今季初先発、得点をアシストした原口元気

 ブンデスリーガ第7節。ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンを相手に、原口は果敢にドリブルで挑んだ。左サイドでボールを受けると、バックラインをドリブルで横切りながら中央に侵入し、突っかけてきたジェローム・ボアテング、ヨシュア・キミッヒという2人のドイツ代表ディフェンダーを卓抜した間合いとコントロールで外し、エリア内に突入。ここで削りにきたマッツ・フンメルスを滑らせてかわし、オンドレイ・ドゥーダに絶妙のラストパスを送って、得点をアシストした(結果は2-2の引き分け)。

 原口のドリブルは、世界有数の守備者たちを翻弄している。その技術は、「異国の地で磨き上げられた」ということになるだろうか。

「原口があれだけ順応できているのは、すごいことですよ」

 ドイツ2部のカールスルーエで3年間を過ごしたMF山田大記(ジュビロ磐田)は明かしている。原口とはドイツ挑戦が同じ時期で、同じようなポジションという山田の証言には、説得力があった。

「原口のプレーはJリーグにいた頃よりも、かなり変化しました。『ドリブラーとしてはつまらなくなった』という意見も聞きますね。でも、俺としては”ドイツで成長したんだな”と尊敬すらします。

 これはヨーロッパに来てみないとわからないことなんですが、日本で言うドリブラーは、ドイツなどヨーロッパではなかなか通用しないと思います。足先だけでかわしても、あっちは体ごとでガチャンと潰しにくる。自分も、Jリーグではドリブルのスピードもそこそこは自信がありました。でも、海外では体ごとぶつけてくるので、かなり厳しかったですね。だからこそ、日本人選手は守備の部分だったりで、泥臭くもできるようにしながら順応する必要があるんです」

 山田が言うように、原口は試行錯誤の中、ドリブルの切れ味を密やかに上げたのだろう。ドリブルの軽やかさや奔放さはJリーグ時代よりも薄れたかもしれない。しかし、他のプレー精度を高める中、ドリブルに”凄み”が出た。おかげでチームプレーヤーとして欠かせない存在になり、代表でも中心になりつつある。

 その進化にこそ、日本人ドリブラーの目指すべきモデルのひとつがあるかもしれない。

 エイバルの乾貴士にも同じことが当てはまる。1年目は、守備の強度の低さやポジショニングの拙(つたな)さが指摘され、格上相手では起用されなかった。しかし、2年目に課題を克服。それによって攻撃の精度も高まって、最終節のバルサ戦で2得点を決めるなど、先発に定着した。

「日本人選手の技量はかなり高い。多くの選手がドリブルを得意とし、驚くほど両足も使える。しかし、Jリーグは守備強度が低いので、欧州で通用するには技術をアップデートさせる必要がある」

 海外のスカウトは口を揃えて言う。ヨーロッパに渡った日本人選手は出場機会を得るため、まずは強さや速さや激しさに順応する必要がある。乾も原口も、プレーヤーとしてのステージを上げ、ドリブルを”世界仕様”にチューニングした。その結果、より激しく厳しい環境で、技を出せるようになったのだ。

「ヨーロッパで言うドリブラーは、1対1じゃなくて、1対2で勝てる選手なんだと思います。ドイツでは1人目がバランスを崩し、2人目で完全に奪い取ってきますから。間合いやスピードが違うし、研究もされるので。ドイツでは長谷部(誠)さんとかもそうですけど、プレーヤーとして(たくさんのポジションができるなど)順応することで成長していますね」

 ドイツでの3年目はボランチとしてもプレーした山田は言う。

 異なる環境に適応することで、選手は殻を破るのだろう。元の日本人ドリブラーのままでは、欧州のトップリーグでは返り討ちに遭う。だが、日本人ドリブラーが通用しない、ということでもない。世界の強度に順応することができたら、何らかの形で活路は開けるはずだ。

■海外サッカー 記事一覧>>