2日、台湾で開幕した野球のアジア選手権の日本と香港の試合で、球場の音響システムの不具合により、日本の国歌斉唱時に音が出ないトラブルが起きたという。資料写真。

写真拡大

2017年10月2日、台湾で開幕した野球のアジア選手権の日本と香港の試合で、球場の音響システムの不具合により、日本の国歌斉唱時に音が出ないトラブルが起きたという。台湾メディアの聯合新聞網が伝えた。

記事によると、野党・時代力量の黄国昌主席は、立法院(国会)教育委員会で、「野球は(台湾の)国技であり、台湾人はみな野球を愛している」とし、「台湾で開催される重要な国際イベントでこのような失敗が起きてしまった」と述べ、教育部に原因究明を求めた。

教育部は、持ち帰って状況を把握すると回答したという。(翻訳・編集/柳川)