Spotifyもradikoもハイレゾも!ネットワークレシーバーで全部楽しめます

写真拡大 (全4枚)

スマホやPCにお気に入りアーティストの楽曲を詰め込んだり、仕事のBGMにストリーミングやネットラジオを楽しんだり、休日に自宅のスピーカーでCDやレコードをじっくり聴きこんだりと、音楽の楽しみ方は人それぞれ。そんないまの時代にぴったりのプロダクトがオンキヨーから登場。

多様化する様々な音楽コンテンツを高品位なサウンドで楽しめるネットワークステレオレシーバー「TX-8250」です。

「TX-8250」はハイレゾからアナログレコードまで様々なソースに対応した、パワーアンプ内蔵のレシーバー。Wi-Fi&Bluetooth対応だから、面倒な配線作業不要で「Spotify」などのストリーミングが楽しめるほか、「Tuneln」を使えば世界中のラジオ放送が、「radiko.jp」を使えば日本中のラジオ放送が楽しめます。

もちろんNASやスマホに保存したコンテンツの再生も可能だし、いま話題のハイレゾ音源の再生にも対応。iPod touch、iPhone、iPadなどの楽曲をネットワーク経由で再生する「AirPlay」や「Chromecast」に対応するほか、アップデートで「DTS Play-Fi」にも対応とのこと(※DTS Play-Fiのファームウェアは当社サポートページをご覧ください)。デジタル、アナログ入力端子も備えるので、CDやアナログレコードの再生もOKです。


内蔵アンプには同社独自のワイドレンジ技術 “WRAT” の採用で、パワフルでクリアなサウンドを実現。普段PCやスマホで何気なく聴いているという人なら、この一台でいつもの曲の印象が一変するかもしれません。価格は6万9984円で、10月下旬より発売。

>> オンキヨー「ネットワークステレオレシーバー TX-8250」

 

(文/&GP編集部)