マンCのFWサネはティラノサウルスより速い? 今季プレミア最速の“時速35キロ”を記録

写真拡大

 マンチェスター・Cのドイツ代表MFレロイ・サネが9月30日に行われたプレミアリーグ第7節のチェルシー戦で、今シーズンここまでのプレミアで最速タイムとなる「時速22.05マイル(約35.5キロ)」を記録していたことが分かった。イギリス紙『サン』が伝えている。

 チェルシー戦で先発出場を果たしたサネは、84分に途中交代するまでプレー。チームはベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネの得点を守り切り、敵地で貴重な勝利をあげた。サネは今シーズンここまでのリーグ戦で7試合に出場し、3得点2アシストを記録するなど、好調をキープしている。

 同紙によると、これまでに研究されているティラノサウルスの最高スピードは時速21マイル(約33.8キロ)で、ヒグマは時速21.7マイル(約35キロ)。そのため、サネが記録した「時速22.05マイル(約35.5キロ)」は、驚異的なものだという。

 サネの活躍もあり、公式戦8連勝を収めたマンチェスター・Cは、リーグ戦7試合を終え、6勝1分と無敗をキープして首位。次節はホームにストークを迎える。