画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シースリー・ブレーンは10月21日、日本の伝統食「醗酵食」をメインとする「Hacco's Table(ハッコーズテーブル)」を東京都台東区にオープンさせる。

醗酵食とは、納豆やみそ、しょうゆ、ヨーグルト、キムチ、チーズ、日本酒といったカビや酵母など微生物の働きを利用した食品のこと。同店では、腸内フローラを整えるとされる日本の伝統食を中心にしたメニューを提供する。

メニューは、発酵プロフェッショナルでフードコーディネーターの神戸ゆかり氏が監修し、調理には店内仕込みの醗酵調味料を使用する。食材を醗酵調味料に漬け込んだりまぶしたりして食材のおいしさを引き出すほか、栄養価を高めるための工夫も行うとのこと。味はもちろん、目で見ても楽しめるよう、フォトジェニックなビジュアルにもこだわるとしている。

提供メニューは「恋する豚 肩ロース 塩麹漬け厚切りポークジンジャー」(1,880円)、「グリーンサラダ 甘酒特製ドレッシング」(900円)、「ぬか漬けのスティック スパイスを添えて」(900円)など。

また、気軽に腸の健康度を確かめられる「腸活チェック」と連携。自身の腸内環境の状態を知ることで、より効率良く身体に良い食事の提案も行うという。有識者による、定期的な相談会の開催も予定している。継続した腸内環境改善を促すことにより、未病改善に貢献していくとのこと。

10月19日にはオープン記念として、腸内フローラ研究の第一人者・藤田紘一郎教授の特別講演「醗酵食と腸内フローラ」を行う。日本の伝統食「醗酵」と腸内環境の仕組みを分かりやすく解説するという。時間は14:00〜15:00。

※価格はすべて税込