画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日清食品は10月2日、「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」(税別230円)を全国で発売した。4月に登場した「あわび風味オイスター煮込み」を食べたとき、あんかけを思わせるあわびの濃厚な風味にうなってしまった。今回の新作は、どんな仕上がりだろうか。早速食べてみた。

○シチューのようなクリーミーなスープに驚き

秋の味覚として、松茸を採用した今回の商品。お吸い物のような和ベースの味かと思いきや、「濃厚きのこクリーム」とあって洋風な仕上がり。洋風をテーマにした商品は、「カップヌードル リッチ」シリーズ初めてだという。

湯を入れて3分待ち、後入れの「贅沢仕上げ香味油」をかければ完成だ。この「贅沢仕上げ香味油」からはチーズっぽい香りがする。ポタージュのような味わいなのだろうか。

まずスープを飲んでみると、松茸の香りがほのかに広がる。かやくとして入っている味付きエリンギを、思わず松茸と錯覚してしまいそうだ。さらに、シチューをイメージさせるコクとクリーミーさを併せ持っており、麺によく絡んでいた。これまでのカップヌードルではあんまり感じることのない、洋食を食べている感覚だ。

スープを飲んでいるうちに、「これにご飯をぶっこめばリゾットになるんじゃね?」という思いがよぎったので実践してみる。残ったスープにご飯を1パック投入し混ぜ合わせてみると、確かにクリームリゾットに進化した。ここにチーズを足せば、よりリッチな味わいに仕上がるだろう。

普段とちょっと違い、洋風な味わいだった今回の新商品。ラーメンとしてだけでなく、リゾットとしても楽しめるスープをぜひ試してみてほしい。