稀勢の里は秋巡業には参加する予定(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 すでに11月の九州場所に向けた戦いは始まっている。大波乱の秋場所が終わり、“休んでいた主役たち”もそれぞれの思惑を持って動き出した──。

 ある若手親方は秋場所後、「今回の結果を4人の横綱たちが見て、どう考えたか。興味深いですね」と呟いた。3横綱2大関が不在だった秋場所は、終わってみれば1人横綱の日馬富士が大関・豪栄道を決定戦で下し、逆転優勝。千秋楽午後5時台の平均視聴率は17.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、15日連続満員御礼とファンは大盛り上がりだった。

「13日目を終えて優勝圏内に16人の力士がいる異例の事態。番付と成績が一致しない土俵が続き、見ている側は本当に面白かったでしょう」(中堅親方)

 千秋楽では「これより三役」に前頭5枚目で幕内最年少の貴景勝(21)が登場する珍場面も生まれた。進境著しい若手たちは終盤戦にやや息切れしたものの、「14日目に勝てば優勝の可能性もあった新入幕で幕尻の朝乃山(23)や、貴景勝と同い年の阿武咲(前頭3)ら若手ガチンコ勢が暴れ回り、揃って三賞を受賞。この秋場所の成績は、番付順ではなく“実力順”になった」(担当記者)といわれているのだ。

◆“ターゲット”は20代前半

 興味深いのは、冒頭の親方が語った通り、若手ガチンコ勢の台頭を休場した横綱たちがどう見るかだ。故障を抱える上位陣は、11月に本場所の土俵に戻ってくるのか。協会関係者はこうみる。

「途中休場を含め3場所連続で休場中の鶴竜は、次に出て負けが込んだら即引退。若手の充実を見ると、そうなる可能性は低くない。ただし、『横綱の引退』はできれば東京開催の場所でやりたい事情がある。後援会長やタニマチの多くは首都圏在住で、地方だと都合が悪い。そう考えると、鶴竜は九州場所も休んだ上で、初場所を“花道”に選ぶのではないか」

 2020年の東京五輪まで現役を続けたいと“宣言”した白鵬も慎重に状況を見極めようとしている。出場すれば当然優勝候補筆頭だが、「ガチンコの土俵ではケガが怖い。長く続けるために、白鵬もそのリスクとどう向き合うか悩んでいる」(同前)とみられている。その“判断材料”となりそうなのが秋巡業だ。

 10月4日には国技館で行なわれるイベント「大相撲ビヨンド2020場所」があり、翌日の千葉から巡業がスタート。関東近郊を回った後、東海、北陸から近畿、中国を巡り、同29日の広島まで、25日間で計22か所というハードスケジュールになる。ケガを抱える力士にはつらい日程だ。

 現在のところ白鵬は“スポット参戦”が有力視され、「移動の負担が少ない関東近辺と最終盤の広島周辺といった要所だけの出場になるだろう」(別の担当記者)といわれる。“全休”しないことには理由がありそうだ。

 上位陣にとって巡業は、伸び盛りの若手力士を土俵上で徹底的に「かわいがる」機会だ。

「かつて横綱・千代の富士が得意にしていたやり方で、巡業で当たった若手を完膚なきまでに土俵に叩きつけ、“勝てない”猊櫃き瓩箸いΠ媼韻鮨△付けてから本場所に臨む。白鵬もこれまで同じように、次の場所に初顔で当たりそうな若手をつかまえては、“恐怖”を植え付けてきた」(後援会関係者)

 若手の台頭著しいなか、今回の秋巡業は非常に大きな意味を持ちそうだ。

◆“踏み台”にされる稀勢の里

 一方、すっかり存在感を失いつつある唯一の日本人横綱・稀勢の里は、秋巡業の全日程に参加する予定。

「土俵を離れるのが不安なので、“負けてもいいから出たい”という意向のようです。左胸から上腕部にかけて負ったケガの回復は思わしくないが、周囲も休ませる説得はできないでしょう」(前出の協会関係者)

 巡業先では土俵入りや綱締め実演、勧進元との記念撮影など、「横綱の仕事」が数多くあり、全日程参加なら稀勢の里がその多くを担うことになる。ただ、万全の状態でないとなると白鵬とは逆に、「九州場所で初顔合わせとなりそうな阿武咲をはじめとする若手が“稀勢の里に勝てた”と自信をつける体のいい予行練習になりかねない」(同前)のである。

 夏巡業で積極的に稽古に励む姿が見られた阿武咲、貴景勝、朝乃山は秋場所でも結果を残し、横綱・大関とぶつかる地位に上がってきた。秋巡業では白鵬や稀勢の里とどんな相撲を取るのか。それが九州場所の結果、そして4横綱の“力士寿命”にも大きくかかわってくる。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号