Image: PalPANDA UDx

ちょっとしたDIYも楽しめます。

天高く、馬肥ゆる秋。液晶画面とにらめっこする日々が続いていると、ふと空を見上げたくなる時もあります。が、どうせ天を拝むのならもっとじっくりと、穴が空くほどのぞいてみたいと思いませんか?

そんな好奇心も湧いたっていいじゃない、だって秋だもの。

そのために必要なものは、少しの探求心と、スマホ望遠鏡「PalPANDA UDx」です。「PalPANDA UDx」はスマホだけでなくタブレットにも使える業界唯一の望遠鏡で、レンズをのぞきこまずとも普段通り画面を見る感覚で天体観測が楽しめます。撮影やピント合わせも簡単そうです。

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

本体はカートン素材の組立て式になっていて、折って溝や穴に差し込んでいくだけ。有効口径は38mm、光学約35倍ズームまで対応し、土星の輪やガリレオ衛星、プレアデス星団などの観測が可能です。さらに使用している接眼鏡はそのまま25倍の顕微鏡・偏光顕微鏡として流用することもできます。お空の次はミクロの世界をチェキです。

天体観測は大人から子供まで楽しめますし、秋の夜長をサイエンスに楽しむのもオツではないでしょうか。自分で撮影した月のクレーターをSNSにシェアするというのも、ビッグスケールなフォトジェニックかと。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

スマホ地上・天体望遠鏡 PalPANDA UDx

11,988円

Image: Amazon.co.jp, PalPANDA UDx
Source: Amazon.co.jp

(ヤマダユウス型)