画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●新しいiPhone、3機種出ちゃったけどどうしたらいいの?

あれは2017年9月12日(現地時間)、新設されたばかりのガラスの建物「Steve Jobs Theater」で発表されたのは、iPhone 8、iPhone 8 Plus、そして「One more Thing...」のiPhone X。

半分寝たままライブ中継を見ていた私は、感動というより「3台出ちゃったか……」という思いで頭がいっぱい。事前の情報でiPhone 8とiPhone 8 Plus、そしてもう一台iPhoneが発表されると聞いていましたが、本当に3種類発売されることになった今、いったい私はどれを買えばいいの。

そのとき、私はiPhone 7 Plusをメイン機にしていました。思い返せば約一年前、iPhone 7とiPhone 7 Plusのどちらにするかを悩み、デュアルカメラを搭載しているiPhone 7 Plusに決めたのでした。

しかし、今回は三択です。しかも、iPhone 8/8 PlusはiPhone 7/7 Plusの後継なので過去の経験も踏まえて考えやすいけど、iPhone Xってなに。未来しか感じない端末出されて、どうすんの私。試されてるの私。AppleってSなの。

○買うしかないiPhone X

iPhone Xはベゼルがないディスプレイ、全面ガラスのデザインが目を引きます。今までシルバーやローズゴールドを選んできた私が、あえてスペースグレイを持ちたくなるギークなガジェット感にあふれています。ホームボタンもなくなり、確実に操作に戸惑います。つまり、そこに新しい体験があるに決まっているのです。顔認識でロックを解除できるFace IDも、その精度や使い勝手が気になります。Windowsパソコンに搭載されている顔認証機能はアイメイクに弱いと聞いたことがありますが、iPhoneはどうなのか、人生初のつけまつげを付けて勝負を挑みたい所存です。

さらに、ポートレートモードが前面カメラに付いているのもiPhone Xのみです。自分はセルフィー好きではないけれど、取材でよく会う自撮り大好き女子高生たちにぜひ試させたい。自分の表情に応じて絵文字を動かせる「Animoji」もiPhone Xのみ。絵文字を動かして何するんだという気もしますが、それは使ってみてから考えること。

そう、使ってみなければ何もわからない。Apple Watchが初めて発売されたときだってそうだった。自分のモノとして愛用すると、見えることがたくさんある。だから、iPhone Xは買い。君に決めたよ。

でも、問題は発売日が11月3日ということ。未来の端末だからって、発売日が未来過ぎます。

●買うと決めたのはコレ、その決定的な理由は……

○新機種を買わないと気持ち悪い

次に浮上するのは、iPhone X発売までの約一カ月はどうするかという問題です。いま使っているiPhone 7 Plusに特に不満はありません。iPhone 6sからの乗り換えで、ディスプレイの大きさ云々よりもバッテリー持ちが良いことが気に入っていました。

でも、iPhone 8/8 Plusは9月22日に発売されます。これをスルーするのは、今までiPhoneを買い続けた個人として、iPhoneの書籍も出して記事を書いているライターとして、正しくないのではないかという思いが頭を巡ります。何より、新機種が発売されるのに買わないということがどうにも気持ち悪いのです。

しかし、今回に関しては、いつも一緒に波に乗っているギークな友人も同業者も冷静でした。「初めて買い換えないことにした」「iPhone X発売を待つ」「2台買う必要はないでしょ」という意見ばかりが聞かれます。確かに、iPhone 7/7 PlusでもiPhoneは十分に完成していて、新しい体験ならiPhone Xです。iPhone 8/8 Plusは、今使っているスマホが古いとか、バッテリー持ちが悪くなってきたという理由なら速攻で買うべきですが、iPhone 7 Plusを持っている私が買い換える理由は見当たりません。

悶々と考えているうちに迎えた予約開始日、「買う理由は見当たらないけど、買わない理由も見当たらない」--名言のようで訳のわからない理屈を思いつきました。そう、また君に決めてしまったのです。

今回は、Plusではなく、iPhone 8にしました。iPhone 7 Plusのポートレードモードは意外と使うシーンが少なかったこと、大きな画面は見やすいけどしっかりホールドできず持ちにくいこと、セルフィーをするときに重いことが理由です。iPhone Xが5.8インチなので、4.7インチのiPhoneを楽しむのもいいかなとも考えました。

そして、まったく個人的な理由ですが、iPhone 7 Plusで困っていたのがスマホケースが少なめだったことなのです。Plusのような大画面スマホは手帳型ケースが多いのですが、私は画面をすばやく見られない手帳型が苦手です。さらに言えば、特徴のあるケースが大好き。専門店よりも雑貨屋さんなどにある、へんてこキュートなデザインが好みです。これがほとんどPlusではないシリーズばかり。ようやく見つけたウサギの耳付きシリコンケースは大のお気に入りです。

このケースはシリコンで滑りにくくて良いのですが、かなり重い。そして耳が邪魔で写真に影が映り込むわ、ポケットにiPhoneを入れても耳がはみ出るわでデメリットが多いのですが、かわいいからいいんです。先ほどiPhone 7 Plusが重いと書きましたが、このケースをしていたからだと言われれば、その通りです。

さて、iPhone 8を買うのはいいとして、問題はお財布の中身が減ること。iPhone X 256GBが約13万円、iPhone 8 64GBが約8万円(SIMフリーの場合)。併せて約21万円のお買い物です。

そこで私の友人がステキなアイディアを教えてくれました。「iPhone Xが出たらiPhone 8を中古で売る」--どうやら仕事でiPhoneの最新機種が必要な人たちがそんな対策を取ることにしたそうなのです。iPhone Xの様子を見たくてiPhone 8を買い控えた人たちが、まだ購入一カ月のiPhone 8を賢く中古で買うことは容易に想像がつきます。おそらく1〜2万円のマイナスで済むのでは……?

ということで、売る前提でiPhone 8の種類を考えました。まずは自由のきくSIMフリーは外せないポイントです。売れ線は新色のゴールド?、中古で買う人は節約家だから64GBでやりくりする?と考えて、Apple StoreでiPhone 8 64GBゴールドを予約しました。iPhone Xは、iPhone 7 Plusとの機種変更で購入することにしました。

●自分の混乱ぶりを露呈、最初に見直すべきだったことは

○iPhone 8の無線充電はよき

発売日の朝に届いたiPhone 8は背面のガラスが艶めき、高級感がありました。ゴールドは思ったよりも黄色っぽさがなく、ベージュピンクに近い色合いです。操作も軽快で、iPhone Xにも採用されている最新チップが搭載されている効果を実感できます。

何より便利なのが、無線充電です。使う前はLightningケーブルを挿すことに文句一つなかったのに、今やiPhone 7 Plusにケーブルを挿すときに大変な煩わしさを感じます。人は便利にあっという間に慣れるものですね。Lightningケーブルは根元が断線しやすくて買い足す人が多いかと思いますが、そんな苦労から解放されます。

iPhoneケースも無事にへんてこキュートなアイスクリーム型のものが買えました。でもこれはさすがにやり過ぎというか、せっかくの高級感あふれるiPhone 8を台無しにした感があるので、オトナとして見直していこうと思います。

○ここまで来て思い出したこと

そういう訳でいま私の手元にはiPhone 8とiPhone 7 Plusがあるのですが、iPhone 8に挿すSIMをどうしようかなと考えて思い出したことがあります。それは、iPhone 6も持っていたことです。LINEの記事を書くためにiPhoneが2台必要で、中古で買ったiPhone 6にMVNOのSIMを挿して使っていたのです。「2台買うよ!」と宣言したとき、「漢の台詞だ!」「情報を発信する人として覚悟が素晴らしい!」と周囲に褒めそやされましたが、元々2台持ちだったね私。ということで、LINEモバイルのSIMをiPhone 8に挿し、設定完了。

あれ、ちょっと待って。そしたらiPhone 6はもう必要ないのでは。ゆくゆくはiPhone XとiPhone 8の二台持ちにして、売るべきはiPhone 6だった。こんなことなら白さがまばゆいシルバーを256GBで買えばよかった……!と後悔しても後の祭り。自分が持っている端末が何かわからなくなっているなんて、見直すのはiPhoneケースではなく、自分の人生な気がします。