ハリルJ落選の本田圭佑、パチューカで意地の2ゴールも本音吐露「満足していない」

写真拡大

日本代表メンバーから外れ、クラブの欧州遠征に参加 「楽しみにしている」

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は今季、新天地でリーグ戦スタメン1回、出場時間わずか198分にとどまるなか、2ゴールと意地を見せている。

 もっとも、本人は自身のプレーレベルに満足していないという。メキシコメディア「メディオティエンポ」が報じた。

 10月6日、10日に行われるキリンキャレンジカップの日本代表メンバーから外れた本田は、国際Aマッチウィーク中にクラブが行うセルタ(5日)、PSV(9日)と親善試合を行う欧州遠征に参加。記事によれば、久々の欧州での試合について「数多くの若手選手がいるなかで、国際試合でヨーロッパのチームと対戦する経験を積める機会はあまりないと思う。彼らと戦えることを楽しみにしている」と心待ちにしている旨を語ったという。

 また、記事ではここまでの自身のプレーぶりについても振り返り、本音を漏らしている。

「自分自身、満足はしていない。シーズン開幕前に負傷したし、良いスタートを切れなかったからね。復帰してより良いプレーができると思うし、自信も深まっている。リスクを冒さなかったことが、プレーするまでに少し時間がかかった理由だ。今は回復している」

「最も大切なのはチームとして勝利すること」

 本田は現在、トップ下もしくはワントップで起用されているが、「僕自身はストライカーではないし、ゴールを決めることを重要視していない。最も大切なのはチームとして勝利することだ。自分はいつもチームにとって最高のものを与えようと心がけている」とフォア・ザ・チームの精神を貫いていることに触れている。

 メキシコで起きた大地震を受けて、50万ペソ(約310万円)の義捐金をメキシコ赤十字社に寄付するなど、本田の行動は現地でも大きく報じられている。「自分は地震の多い国である日本に生まれたからこそ、メキシコの人々の気持ちを考えると辛い。メキシコの人々をサポートする方法を見つけたい」。ヨーロッパに旅立つ飛行機に乗る前にこのように語った本田は、その思いを胸に欧州遠征でコンディションをさらに上げることはできるだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images