カビキラーより効く! お風呂のカビは“ジェル”が大正義なんです

写真拡大 (全15枚)

見た目がイヤなのはもちろん、健康すら脅かす浴室のカビはすぐにでもキレイにしたいもの。しかし数あるカビ落とし剤、どれを選んだらいいのかわかんないから、とりあえず安いので!……なんて感じで選んでいませんか? 今回、市販の5製品を比べてみたところ、洗浄力に大きな差があることが判明しましたのでご報告いたします!


たった5分で効果てきめん!
使うべきカビ落としはこれでした


浴室の頑固なカビ汚れ。カビには根っこがあるので、表面だけ落としてもすぐにまた生えてきてしまうのが厄介なところ。

カビが生えたら掃除して、気がついたらまた生えてきて……みたいなイタチごっこにうんざりしているなら、超強力なカビ取り剤をお試しいただくことで、負のサイクルから脱却できるかもしれません。

というのも、今回、売れ筋のカビ取りスプレー5製品の洗浄力を比べてみたところ、想像以上に効果が異なっており、「これはカビの攻勢を根本から止められるかもしれない」と期待を抱ける逸品を発見したのです。

ご自宅のお風呂掃除の前に、ぜひご一読ください!

検証方法

東京の便利屋さんエイトピース代表、塩月孝仁さんにアドバイスをいただきながら、次の手順で検証しました。

1. 40℃以上のお湯をしばらくかけて、カビをふやかします。

2. その後、カビ部分の全体にしっかりとスプレーを吹きかけます。

3. 5分間放置して水で洗い流した状態を、目視でチェックしました。


この洗浄力は秀逸!
カビにはジェルで決まり



中央樹脂ケミカル
スパイダージェル
実勢価格:2380円


[テスト結果はこちら]



(左)掃除前(右)掃除後

スゴイ!かなり落ちていますね!

スパイダージェルは液体スプレーとジェルの利点を組み合わせているのがポイント。スプレーするとその名の通り「蜘蛛の巣」のようにカビを覆い、へばりついて垂れにくいんです。

また、Amazonでもベストセラー1位になっており、業務用のパワフルな洗浄力はほかと比べても圧倒的な好成績。価格は高めですが、それ以上の実力を感じました。


コスパならこれ
優秀な洗浄力



花王
強力カビ ハイター ハンディスプレー
実勢価格:257円


[テスト結果はこちら]



(左)掃除前(右)掃除後

真っ黒のカビがかなり落ちて薄くなっているのがわかります。


カビ用洗剤の代名詞
期待通りの洗浄力



ジョンソン
カビキラー
実勢価格:242円


[テスト結果はこちら]



(左)掃除前(みぎ)掃除後

こちらも花王と同レベルで落ちています。かなりキレイになりました。


取れないカビ完全除去
とうたってはいるものの…



ビーワンコーポレーション
カビ強力除去スプレー
実勢価格:1980円


[テスト結果はこちら]



(左)掃除前(右)掃除後

少し落ちているものの、見た目に残っているのがわかります。


最安値だけど
なかなか落ちません



カインズ
お風呂のカビとりスプレー
実勢価格:198円
(現在付替え用のみ)

[テスト結果はこちら]



(左)掃除前(右)掃除後

カビは落ちているものの、見た目に残っているのがわかります。価格は最も安いですが……。


[番外編]目地のカビには
こんな超強力ジェルも


目地や天井の角にはAmazonや価格.comなどで人気の本製品がおすすめです。



ウエキ
カビトルデスPRO
実勢価格:707円


高粘度のジェルがガッチリカビを包み込んでカビを完璧に近い状態まで落とします。



こちらが使用しているところ。脅威の液垂れなしにはビックリ!



電動ドライバー+アタッチメントという最強セットを加えると、もはやプロを自称したくなるほど、強烈にカビを落とせます。

[今回ご協力いただいた人]



東京の便利屋さんエイトピース代表、塩月孝仁さん。

「40℃以上のお湯をかけてカビをふやかすことで、洗浄効果が向上します」と塩月さん。頑固なカビは放置時間を長くすると効果的とのことです。

おふろのカビ対策、いかがでしょうか。今回試してみて分かったのは、カビには泡よりジェルが効くということ。その代表格スパイダージェルが圧倒的な洗浄力で群を抜きましたが、コスパ重視なら花王「カビハイター」や、ジョンソン「カビキラー」という選択もアリです。

今後のおふろ掃除のご参考になれば幸いです!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。