今年も中秋節(旧暦8月15日、今年は10月4日)をひかえ、中国各地ではユニークな月餅が作られている。今回はそんな月餅の一部を紹介しよう。

写真拡大

今年も中秋節(旧暦8月15日、今年は10月4日)をひかえ、中国各地ではユニークな月餅が作られている。今回はそんな月餅の一部を紹介しよう。

【その他の写真】

浙江省杭州市のあるレストランでは、今どきの若者の好みに合わせた焼きたてのザリガニ月餅を販売。この月餅が売り出されると先を争うように買い求める人気商品となり、ネット上でも話題の商品となった。

【五色鯉魚餅】

福建省福州市の一部の老舗企業では従来の「鯉魚餅」に新たな工夫を加え、健康的で美しい色あいの「五色鯉魚餅」を開発し、伝統的な中秋節の菓子に彩りを加えた。

【甘粛・金昌の伝統月餅】

まるで芸術作品のような美しいデザインのこの月餅は甘粛省河西回廊の金昌市の伝統的なグルメで、1つの月餅を作るのに何十もの工程が必要となる。この月餅を作るためには通常隣近所の協力が必要となるほどで、最低4、5人で3日間かけて作り上げるのだという。(提供/人民網日本語版・編集YK)