年間3000〜5000人の国内の乳がん患者が手術不要に(depositphotos.com)

写真拡大

 10月1日(ピンクリボンデー)から乳がん月間(乳がん早期発見強化月間)がスタート。乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進・啓発するピンクリボン(Pink ribbon)運動が世界で展開されている。

 日本では、NPO法人「J.POSH」(日本笑顔と幸せのピンクリボン)などの諸団体が活動中だ。「あけぼの会」は、10月1日を「乳がん検診の日」と決め、乳がんに対する不安や疑問を持ちながら、病院に行くのをためらったり、どの病院へ行ったらよいか迷っている女性に、専門医をホームページ上で紹介しながら、積極的に検診を受けるようにアピールしている。

日本人女性のおよそ11人に1人が乳がんに

 国立がん研究センターの「がんの統計'16」によれば、日本人女性のおよそ11人に1人が乳がんにかかる。乳がん患者は約8万9400人、死亡者数は約1万3800人に上る(2015年)。

 乳がんは、女性の部位別がん患者数が1位、死亡者数が5位。30歳代から急増し、50歳代までの働き盛りの世代に多く、50代女性のがん死亡原因のトップだ。

 ステージ鬼で発見すれば、10年生存率は90%以上になる。だが、ステージの進行につれて生存率は、どんどん低下する。したがって、早期発見、早期治療が何よりも肝要だ。

 40歳になったら、年1回のマンモグラフィー検診(乳腺・乳房専用のレントゲン検診)を定期的に受けよう。また、若い女性でも、気になる症状やしこりがある場合は、乳腺外来のある医療機関を受診してほしい。

乳がん患者の5%(およそ3000〜5000人)の手術が不要に!

 さて、ピンクリボン運動を一気に盛り上げ、乳がんに悩む多くの女性たちを元気づける希望に満ちたニュースが2つある。

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の向井博文・乳腺・腫瘍内科医長らのグループは、乳がんのうち、手術が不要で完治するタイプの判定に役立つマーカー遺伝子を世界で初めて発見し、9月から効果検証に向けた臨床試験を開始した(2017年9月26日 読売新聞)。

 発表によれば、これまで乳がんに抗がん剤治療と放射線治療を行った後、乳房の切除手術をしなくても、がんが消失するかを判定する臨床試験を実施してきた。

 その結果、乳がんに特徴的なタンパク質「HER2」の発現があり、ホルモン療法が効かないホルモン陰性なら、半数以上の患者は、手術せずにがんが消失した。

 がんが消失したグループは、遺伝子「HSD17B4」が働かない事実が判明したことから、遺伝子「HSD17B4」は、手術が不要な乳がんを判定するマーカー遺伝子として有効である可能性が高い。

 今回の臨床試験は、乳がんに特徴的なタンパク質「HER2」が発現し、しかもホルモン療法が効かないホルモン陰性で、かつ離れた臓器に転移がない乳がん患者200人に限定して行われる予定だ。

 まず、約30の拠点病院で患者のがん細胞を採取し、遺伝子「HSD17B4」の働きを解析後、抗がん剤治療と放射線治療を行い、がんが消失しているかを手術で判定する。

 乳がんは、転移がある場合を除き、原則として手術を行う。この遺伝子「HSD17B4」の有効性が確認できれば、乳がん患者のおよそ5%(3000〜5000人)の手術が不要になるという。

 さらに別のタイプの乳がんや卵巣がんなどでも、この遺伝子「HSD17B4」で手術が不要になる人が分かる可能性があり、患者の負担減や医療費抑制にもつながると期待される。

検査の負担が少なく高精度の乳房専用PET装置

 検査の分野でも新しい動きがある。島津製作所が開発した乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)装置「Elmammo Avant Class(エルマンモ アヴァン クラス)」だ。

 島津製作所のプレスリリースによると、この乳房専用PETは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による委託業務の成果に基づいて、約40年にわたるPET技術を結集し、2014年に製品化された乳房専用PET装置「Elmammo」の後継機になる。 

 どのような特徴があるのだろう?

 第1に、被検者は装置の上でうつ伏せになり、検出器ホールに片側ずつ乳房を入れるだけで検査を受けられる。マンモグラフィ検査のような乳房の圧迫による痛みはなく、しかも全身PET装置では取得が難しい診断情報も得られる大きな利点がある。

 第2に、「Elmammo」の特長である高感度と全身PET装置の約2倍の解像度を受け継いでいるので、検診精度の信頼性が高い。

 第3に、寝台上面と検出器間の距離を可能な限り短縮したため、胸壁部分に生じやすいブラインドエリアが縮小され、寝台の形状変更によってさらに快適に受診できる。

 第4に、日本人女性に多い高濃度乳房の検査にも有効であるため、抗がん剤による治療効果の判定に利用できる有用性も高い。

 第5に、過去に蓄積された多くの臨床例を再検証し、検出器の構造の最適化を図ったため、導入コストの低減も実現している。

 なお、エルマンモ アヴァン クラスによる乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)は、同じ検査日に全身PET検査を併せて行った場合に限って、健康保険が適用される。

 さて、検査と治療の分野で新しい可能性が広がり、乳がんのリスクが少しずつではあるが低くなっている。少しでも「乳がんかなと?」思ったら、先述した情報を参考にして、必ず乳腺外来の専門医を訪ねてほしい。
(文=編集部)

※参考
●「日本乳癌学会乳腺専門医」/http://www.jbcs.gr.jp/ninteii/senmoni.html
●「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」/http://www.mammography.jp/検診マンモグラフィ読影認定医師・撮影認定診療放射線技師・医師リスト
●「J-POSH」「マンモ検診機のある病院」/http://www.j-posh.com/index.htm