産経新聞(10月2日付)、1面と2面に掲載された櫻井よしこ氏のコラム「美しき勁(つよ)き国へ」。

写真拡大

衆議院が解散し、10月22日投開票の総選挙に向けて、小池百合子東京都知事が「希望の党」を代表として立ち上げた。「小池氏の本心は日本初の女性首相だ」と書いてきたジャーナリストの沙鴎一歩氏は、「日本の社会をここまで熱くした責任をとって、都知事を辞めて出馬すべきだ」と指摘する。新聞各紙はこうした動きをどう受け止めているのか。沙鴎氏が各紙の主張を分析する――。

■本心は「日本初の女性首相」にある

小池百合子という政治家の大胆さには驚かされる。安倍晋三首相の衆院解散表明と同日の9月26日に緊急記者会見をぶつけ、現職の都知事が新党の代表に就くという演出をやってのけた。安倍首相の王手を逆手に取った形になった。

マスコミの世論調査の結果も、自民党に次ぐ2番手で、小池氏の「希望の党」の人気はまずまずだ。選挙戦は「自民対希望」の構図で進むことは間違いない。

いま世論は小池氏の総選挙出馬に注目している。これまで書いてきたように日本初の女性首相に就くところに彼女の本心がある。それには出馬するしかない。それが日本の社会をここまで熱くした責任のとり方だと、沙鴎一歩は思う。

■「小池氏に日本の政治は任せられない」

世論の一部が「小池待望論」に沸いているのに対して、新聞各紙は多くが「反小池」である。なかでも産経新聞は社説(タイトルは主張)や解説、識者の意見をまとめた記事などで痛烈に小池氏を批判する。

10月2日付の紙面では1面から2面にかけて評論家・櫻井よしこ氏のコラムを大きく展開していた。その内容はかなり辛口だった。

特にコラムの締めくくりが「小池氏がリセットだ、希望の党だと言っても日本に迫る危機の深刻さと憲法改正に至る重要な日々の到来を思い、私は氏に日本の政治を任せる気には到底なれない」と手厳しい。

櫻井氏はコラムの大半を裂いて今回の衆院選を「日本の運命がかかっている」と分析した後、この締めくくりを持ってきているが、その直前には次のようなくだりがある。

「小池氏を小沢一郎、小泉純一郎両氏と比べないわけにはいかない。3氏に共通するのが政局のカンのよさ、権力奪取のためには冷酷非情な手法も躊躇せず、独断専行に走る点だ。小池氏は自民党東京都連を『ブラックボックスのような形だ』と非難したが、実は小池氏自身がブラックボックスである」

■選挙戦には「冷酷非情な手法」がつきもの

さらに櫻井氏は返す刀で具体的にこう批判する。 

「3氏はまた、破壊はしても、構築しない点で共通している。小池氏は1年余、メディアの注目を集めたが、豊洲も築地もいまだに混乱の中にある。1年余り、間近で氏の仕事ぶりを見つめた都庁職員の87%が豊洲、築地に関する小池氏の方針を『評価しない』と断じ、6割近い職員が小池知事に「落第点」をつけた(『月刊Hanada』有本香)。地道な政策実現能力という、重要な資質を氏は欠いているのである」

都の職員が落第点を付けたという話は知らないが、築地、豊洲市場のことはその通りだと思う。

しかしここで櫻井氏の論法にすんなり納得するわけにはいかない。選挙戦は「勘の良さ」や「独断専行」が必要になる。ときには「冷酷非情な手法」も使わなければならない。それは小泉純一郎元首相の郵政民営化を目指した総選挙を思い出してみればよく分かると思う。

しかも選挙で勝たない限り、いくら「国難だ」「国民を守れ」と叫んでも、己の政策を実現することはなかなか難しい。

これからも櫻井氏が辛辣に小池氏を批判するならば、一度、テレビで小池氏と対談してみてはどうだろうか。2人ともテレビのキャスターを務めた経験がある。櫻井氏の批判が妥当なのかどうか。検証する機会になるはずだ。

■「自己都合解散」「私物化解散」は言い過ぎだ

さてここからは、今回の衆院選挙を原点から考える意味で、衆院が解散された翌日の全国紙の社説(9月29日付でいずれも大きな1本社説)を読み比べていこう。

まずは「『権力ゲーム』でいいのか」と見出しを付けた朝日新聞。「言論の府から言論が消えた。悪しき例が歴史に刻まれた」と大上段に書き出し、次に「安倍首相が臨時国会の冒頭、衆院解散に踏み切った。首相の所信表明演説も代表質問や予算委員会もなく、北朝鮮に非難の意思を示すはずだった国会決議も見送られた」と指摘する。

さらに「首相は8月の内閣改造後、本会議での演説に臨んでいない。そんな状況での解散は戦後初めてのことだ。国民に解散理由などを説明する恒例の記者会見も、きのうはなかった」と安倍政権を非難する。

そのうえで「首相の狙いは明白である」と続け、「森友学園・加計学園の問題をめぐる野党の追及の場を消し去り、選挙準備が整っていない野党の隙を突く。今なら勝てる。勝てば官軍の『権力ゲーム』が先に立つ『自己都合解散』である」と書く。

さらには「民意を政治に直接反映させる民主主義の重要な場である選挙を、権力維持の道具としか見ない『私物化解散』でもある」と攻撃する。

「権力ゲーム」まではいいが、「自己都合解散」「私物化解散」は言い過ぎではないか。

■「右」という幼稚な表現まで使う朝日社説

朝日社説は民進党や希望の党にも厳しい。

「政権与党に代わりうる『受け皿』をめざしていたはずの民進党が、発足直後でまだ具体的な政策もない『小池新党』にのみ込まれたのだ」と解説し、「東京都の小池百合子知事の人気に頼る新党『希望の党』は、政党として何をめざすのかも統治能力も未知数だ」と批判する。

「新党には右派色の強い議員が目立つ。憲法改正や歴史認識などで、自民党よりさらに『右』に位置する可能性もある。リベラルな議員も多い民進党とは明らかに立ち位置が違うのに、議論の場もほとんどないまま合流に雪崩を打つ」

社説で「右」という表現を使って批判するところは朝日にしてはかなり幼稚である。いまの時代、右や左という表現で割り切れるほど単純ではないからだ。

■読売は「支持者への背信行為」と前原氏を非難

対する読売新聞の社説は「安倍政権擁護」の新聞にしては「安倍政権の継続が最大争点に」という見出しを付け、冷静ではある。

「日本を取り巻く環境は険しさを増す。デフレ脱却と財政再建をいかに両立させるか。北朝鮮が挑発と恫喝を繰り返す中、日本の平和をどう確保するか。与野党は、こうした論点についても、現実的な論議を深めてもらいたい」

この主張もよく分かる。

一方、民進党には手厳しく、「民進党の対応には、呆れるというほかない」と非難し、「前原氏は『名を捨てて実を取る決断だ』と強弁した。あまりに唐突で、無責任ではないか」と前原誠司代表をこき下ろし、「民進党は、政権交代の受け皿となるべく、今回の衆院選に向けて、政策論議を重ねて公約をまとめようとしていた。にもかかわらず、党勢回復のメドが立たない中で、有権者の信任を得る努力を放棄し、理念も政策も大きく異なる小池氏の人気に便乗したとしか見えない。政治不信をさらに高める、支持者への背信行為そのものではないか」と言い切る。

■「首相候補を事前に示せ」には反対しない

読売社説は後半で「首相候補を事前に示せ」との小見出しを付けてこう主張する。

「小池氏は衆院選への出馬を否定するのであれば、安倍首相に代わる首相候補を選挙前に決めるべきだ。合わせて、説得力ある政権構想や基本政策を早急に策定し、選択肢として示す責任がある」

沙鴎一歩はこの部分には反対しない。一般的に衆院選挙は政権を選ぶ選挙となる。しかし有権者が選んだその政権をだれが運営するのか。それが分からなければ有権者も困ってしまう。たとえ希望の党が第1党となって政権を獲得したとしても、代表の小池氏が首相に就かない限り、有権者は納得しない。

最初に書いたように小池氏自身が衆院選に出馬することが、日本の社会をここまで熱くした小池氏の責任のとり方のはずだ。小池氏は世論に応えて、今回の総選挙に出馬すべきだ。

(ジャーナリスト 沙鴎 一歩)