激白「男に嫌われた男、女に嫌われた女」

写真拡大

どんな会社組織でも避けられない出世・権力争い。その過程では、嫉妬や憎悪が渦巻く。本企画では有名企業の人事担当者から、実際にあった嫌われ事例を話してもらった。自身が出世レースに巻き込まれたときの参考にしてほしい。

----------

▼参加者

銀行●大手銀行元人事部長。20代後半から20年にわたり経営企画・人事畑を歩む。本・支店行員の人事管理業務に精通し、不祥事など懲戒案件に詳しい。一方、幹部職登用の際には、“身体検査”を担当し、不適格として昇進を見送った経験が多数あり。

メーカー●化学メーカー労政担当部長。入社後一貫して人事・労務畑を歩み、外資との合弁企業の人事担当や工場の勤労管理、本社の人事部門など30年以上の経験を持つ。会社の構造改革時には外部の会社と協力して人員削減を担当した経験も。

流通●全国各地に店舗を持つオーナー系小売業の人事部長。入社後、店舗営業、店長を経て人事部門に異動。以来、採用責任者や人事制度企画など20年の人事キャリアを持つ。一方で、オーナー家のお家騒動や役員間の醜い権力争いをつぶさに見てきた。

ゼネコン●建設関連企業の人事担当部長。大手重電メーカーなど複数の会社で人事部門を担当した人事歴20年のベテラン。賃金制度・労務管理に精通し、いまは長時間労働の是正など、働き方改革のシステム構築や会社の風土改善に注力している。

----------

■社長を頂点にした壮絶な出世レース

【司会】会社では上にいくほどポストが減少し、頂点の社長は1人だけというヒエラルキーが存在します。激しい昇進レースの過程では、ライバルを蹴落とそうとする人もいますし、嫉妬や恨みが渦巻まく世界です。そこで嫌われる人が出てきそうです。

【銀行】銀行は年次主義ですが、30歳前後で同期の半分が昇進競争から脱落し、40代前半に支店長や本店の課長になる時期に、さらに半分が脱落する。そこまでは互いに切磋琢磨し、いい意味のライバル関係があります。ただ、その上の部長・役員レースになると陰湿な手口を使って相手を蹴落としたり、暗闘もあります。たとえば以前は上司と部下の良好な関係を築いていても、優秀な部下が自分の地位を脅かすような存在になると、権限を使って部下の提案を握りつぶす。そうやって出世の芽を摘むこともやります。

【司会】ほかにはどんな手口がありますか。

【銀行】出向させる手口がよく使われますね。上に「あの会社を再建できるのは彼しかいません」と言い、根回しして追い出す。あるいは懲戒歴を調べ、社外で酒に酔ってケンカし、警察沙汰となって戒告処分を受けた過去の事件のウワサを流すという汚いやり方もありました。

【メーカー】それはうちにもあります。彼の懲戒歴を内々に教えてほしいと人事に頼んでくる役員もいます。何に使うのですかと聞くと、昇格の参考にしたいと。でも本当は蹴落とす材料にしたかったのかもしれない。もちろん社長に依頼されたら詳しく報告しますが。

■長期政権を維持する社長の人員配置術

【銀行】トップの権限は絶大です。頭取になっても自分の年次に近いライバルを蹴落とせば、長期政権を維持できる。ほかの銀行では優秀な役員のほとんどを外に出した頭取もいましたね。生き残ったのは自分の側近などいわゆる身内ばかりだった。

【メーカー】信頼していた部下の裏切り行為を絶対許さない役員もいます。ある事業部門の部長が、上司の役員とライバル関係にある役員と親密な様子を見られました。それを知った役員が自室に部長を呼んで「お前は自分が何をしているのかわかっているのか!」と叱りとばした。部長が黙っていると、目の前の硝子の灰皿を本人に投げつけたんです。咄嗟に部長がよけると「なぜ、よけたんだ!」とさらに怒られた。その後も執拗なイジメを受け、とうとう部長はうつ病で休職に追い込まれてしまいました。

【ゼネコン】それはひどい。でも信頼を置く部下でも不祥事を起こすと擁護するどころか、手の平を返したように切り捨てることはよくあります。じつは以前、地方の事業所で月の残業時間が100時間を超える社員の労働実態が労働基準監督署の調査で発覚し、是正勧告を受け、社内が大騒ぎになったことがあります。責任者の担当取締役は社長の信任も厚く、実際に会社の業績に貢献していた優秀な人でした。その一方で部下には厳しく、長時間労働をやらせていたのです。労基署の是正勧告を受けても反省の色は微塵も見せない。事業部の会議でも「うちの事業計画は残業を前提に成り立っているんだ。残業がだめだとかバカなことを言うんじゃない。残業が80時間を超えるのは当たり前だ。それを含めての事業計画なんだよ」と言ったらしい。

それが社長の耳に入ったんです。取締役会で「お前はコンプライアンス違反で会社の信用を傷つけているのがわかっているのか、社名を公表されたらどうするんだ」と本人を手ひどく叱りつけました。そして、その場で取締役を解任され、執行役員に降格させられました。ほかの役員たちは社長の側近中の側近であることを知っていたので驚いていました。

【司会】それは嫌われそうですね。信頼する部下でも容赦はしないということですね。その後、その人はどうなりましたか。

【ゼネコン】1年後に取締役に復帰し、副社長を経て副会長にまでなりましたよ(笑)。2人の間で密約があったのかわかりませんが、結局、騙されたのはそれ以外の役員たちだったのかもしれません。

■女に嫌われる女の最大の特徴

【流通】うちは消費者相手の商売ということもあり、経営トップはコンプライアンスには極めて厳格です。パートも含めて女性社員が多いので、色恋沙汰はよく問題になります。社内恋愛はともかく社内不倫が発覚したら社長からクビか、地方支社に飛ばすなど厳しく処罰するように人事も指示を受けています。じつは社長の忠実な子飼いとも言える役員が社内不倫をしている情報が飛び込んできたことがあります。役員なので人事部としては手が出せない。社長の耳に入ったらやばいだろうなと思っていたら、その後耳に入り、結局クビになりましたね。

【銀行】銀行でも同じですよ。コンプライアンスもだが、とくに相手が美人だとほかの男性たちの嫉妬を買いやすい。ある銀行では、あろうことか頭取のかわいがっていた秘書に手をつけて飛ばされた部長もいました。

ウワサになるだけで出世の道が絶たれる。意図的に不倫のウワサを流して蹴落とそうとする社員もいます。

【ゼネコン】不倫でなくても女性同士の妬みや嫉妬もすごいですよ。じつは女性活躍推進もあって初の生え抜きの女性役員が誕生したのです。もちろん仕事もできるし、部下の指導などマネジメント力もある。人事部から見ても役員になるのに申し分がなかった。ただ、ほかの部長職の女性と違うのは美人だということです(笑)。しかもいまの社長にもかわいがられていた。彼女には夫も子どもいるのでもちろん変な関係があるわけではないと思いますが、女性部長たちの中には、なぜ彼女が役員に選ばれて私が選ばれないのよという不満と嫉妬がある。何も関係がなくても社長と彼女はつきあっていて、その関係で引き上げられたと思ってしまうのです。男性役員でもそう勘繰る人もいるかと思いますが、女性幹部の嫉妬心はそれ以上にすさまじい。

【司会】男性だけではなく、女性にも敵が多いとなると、せっかく役員になっても、それ以上偉くなるのは難しそうですね。

【ゼネコン】いくら社長でも周囲の目を意識しますし、おいそれとは引き上げられない。社長が何らかの理由で失脚することにでもなれば、間違いなく女性役員も一蓮托生でいなくなるでしょうね。

■時短勤務でわかる同僚の気遣い加減

【流通】確かに女性の中にはぶりっこして男性上司にすり寄り、気に入られようとする人もいる。それにコロッと騙される男性上司も多い(笑)。それでいて仕事ができたら加点されて昇格も早くなる。ほかの女性たちはそれをしっかりと見ているし、「あの人、うまくやっているわね」と妬みが入り交じった冷ややかな態度になります。

課長に気に入られた女性社員が子どもを産んで時短勤務になったことがあります。上司がやさしくフォローしてくれるので、それに甘えて仕事が途中でも時間になるとさっさと退社する。同僚の女性にも「子どもが病気なので休みます。仕事はよろしくね」と言うだけで相手を気遣おうともしない。

しだいに女性たちが上からの指示を彼女に伝えない、取引先から電話がかかってきても取り次がないといったイジメに発展していったのです。さらにはいままで親しかった同僚もあまり口をきかなくなり、集団で彼女を無視するようになった。一種のマタハラですが、実際に社員食堂で彼女が1人だけで隅のテーブルで食事をしているのを見たことがあります。以前は女性のグループと食事をしていたのですが。結局職場での居場所がなくなり、最後は「子育てとの両立が難しい」という理由で退職した。

【銀行】本来は男性上司が周囲の変化に気づいて配慮する必要があるのですが、なかなかできないですね。

【司会】いままで信頼していたのに何かのきっかけで裏切られた、あるいは信用しなくなったという経験はありますか。

【銀行】一瞬にして信用を失ったというのは東日本大震災のときです。無断で出社してこない社員もいれば、部下を置いてさっさと帰宅する部長もいました。普段、部長の仕事はそこまでは忙しくないのですが、いざ会社の危機という状況になれば、先頭に立って迅速に事にあたるのが本来の仕事。どうしてこんな人が部長なのかとはっきりわかったし、部下の信頼を失ったことで二度と会社では浮かばれませんね。

【ゼネコン】うちも埼玉の支社から「支社長が会社へ戻ってきません」と連絡が本社に入りました。最初は被災したのかと心配しましたが、そのまま大阪の実家に帰ったらしい。本人は両親の介護が心配で、と言っていましたが、放射能が怖くて逃げ出したらしいのです。それでよく現場の指揮官が務まるものだと呆れました。経営トップも「そんなやつは辞めさせろ」と怒っていました。

■信じてはいけない外国人上司の「感謝」

【メーカー】裏切りに関しては、外資系のエグゼクティブクラスは何とも思っていません。一時期、米系外資と子会社の合弁企業に出向したことがあります。当初アメリカ人は副社長ぐらいしかいませんし、人事制度も日本の親会社とまったく同じというドメスティックな日本的経営をしていたのです。ところが2年後に完全に外資の支配下に入り、アメリカ本社から多数の外国人幹部がやってきました。日本人の社員はいったい自分たちはどうなるんだと戦々恐々でした。

ところが、アメリカ人のトップは「あなたがたの身分と給与はいままで通り保証します。安心して働いてください」と宣言。外国人上司もやさしいし、日本人社員も「なんだ、いいやつばかりじゃないか」とホッとしたものです。

ところが1年後に大規模な組織・人事制度改革の断行と、リストラが実施されました。それまでやさしかった外国人上司も「あなたに上司は必要ない」、つまりあなたをどこかに異動させて使っていく気はないと言われ、辞めさせられたのです。出向組の私は親会社に戻りましたし、同じ出向組の上司子飼いの部下も運良く引き取ってもらえましたが、そうじゃない社員は退職しましたね。

■信用できないのは上司との「口約束」

【司会】外国人上司は日本人に比べてクールというイメージがあります。

【メーカー】外国人にとって部下に感謝することと、部下にやさしいこととはまったく別なのです。エグゼクティブクラスの中には平気で部下をtroops、兵隊とはっきり呼ぶことがあります。つまり兵隊が自分のために働いてくれれば、感謝の気持ちを表す半面、兵隊である以上、上司の命令に逆らうことを許さないという2つの面をはっきり使い分けています。つまり、命令通りに動いてくれれば感謝するが、逆らったり、期待した成果を出さないと厳しい処分を下すのです。日本的な公私を含めたウエットな関係はありません。

【ゼネコン】別に外国人に限りませんよ。じつはいまの会社は3社目ですが、最初の転職は失敗しています。転職時に上司の人事部長と約束を交わしたのです。私は「自分の成果は全部あなたに差し上げますので、上に昇進してください。その代わり私がいまの仕事で成果を出したら、人事制度改革をやらせてほしい」と言ったのです。私の仕事は社員500人のリストラとメンタル不調で休職している社員の処分といういわば汚れ仕事でした。苦労しましたが、結果的には実際に何の問題もなくやり遂げました。それもあってその後、人事部長は執行役員に昇格し、年収も倍になったのです。

当然、私は自分のやりたい仕事をやらせてもらえると思っていました。ところが部長は「君のリストラのやり方に労働組合が相当不満を持っている。辞めさせろ、とまで言っているぐらいだ。当分は静かにしていてくれないか」と言われ、約束を反故にされたのです。完全に裏切られたわけですが、このまま飼い殺しでは自分のキャリアにとって損だと思って転職したのです。いまでは約束を交わすときには口約束はしない、相手をしっかりと見極めることを心がけています。

【司会】いつどこで自分の身に災いが降りかかってくるかもしれないというのが会社という組織。用心するだけでは避けられませんし、リスクヘッジできる方法を常に考えておく必要がありますね。

(ジャーナリスト 溝上 憲文 撮影=市来朋久)