<いきなりどこからともなく機関銃を掃射された。戦場ではない。カントリーウェスタンのライブ中だ。その理不尽と恐怖>

「こんなに怖い思いをしたのは初めてだ。犯人は撃って撃って撃ちまくった」
アメリカの歴史上、最悪の銃乱射事件の後、ある男性はインスタグラムに投稿した。

生きて逃げられたた彼は幸運だった。10月1日、ホテルやカジノが建ち並ぶラスベガスの目抜き通りで、死者最低59人、負傷者500人を超える大虐殺が起きた。史上最悪の銃乱射被害となった。

ダン・ビルザーリアンは、逃げながらツイッターに動画を投稿した。「今、女の子が頭を撃たれた。酷過ぎる」

現場は血だらけだった、と目撃者たちは言う。

「花火だと思っていたら、誰かが血まみれで走り去って銃だと気づいた」と、あるインスタグラマーは書く。彼女は生演奏中だったコンサートの立ち見席にいた。中央の客席から逃れた人々も飛び込んできて、必死に弾を避けた。

今は削除されたある動画では、銃撃が3度に渡ったのがわかる。1度目は誰もが半信半疑だったが、2度目が始まると、そこは地獄になった。

(「女の子が頭を撃たれた!」と言っている男性)


乱射事件の後、ソーシャルメディア・ユーザーは「#PrayForVegas(ベガスに祈る)」のハッシュタグとともに犠牲者とその関係者すべてに哀悼の意を表している。



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ダミアン・シャルコフ