チェルシー2年目を迎えているアントニオ・コンテ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

アトレティコ戦勝利で評価を高めたはずだったが

 9月30日、イングランド・プレミアリーグ第7節マンチェスター・シティ戦に臨んだチェルシー。直前のCLアトレティコ戦では劇的なアディショナルタイム弾で勝利を収めていたが、プレミアで首位を走るシティとの一戦では黒星を喫した。欧州の舞台に返り咲いたコンテ体制2年目は、今のところ一進一退の歩みとなっている。(文:山中忍)

----------

 9月最終週に国内外でビッグゲームが続いたチェルシー。監督のアントニオ・コンテは、アトレティコ・マドリーとマンチェスター・シティとの連戦を前に、「我われの立ち位置を確かめることができる」と語っていた。

 2試合の結果は1勝1引分け。プレミアリーグでは連覇を目指し、復帰したCLでも行ける所まで行く覚悟のコンテ体制2年目だが、今季優勝候補としての立ち位置も一進一退といったところだ。

 マドリードでのCL戦の一夜、敵地でアトレティコに勝利(2-1)した時点では、俄然評価を高めたはずだった。

 開幕当初のチェルシーは、選手層の強化不足が不安視されていた。獲得が実現したコンテの第一希望ターゲットは、新ボランチのティエムエ・バカヨコのみと思われた。

 しかし、3バックの採用を含めて昨季プレミア優勝の一番の立役者となった指揮官は、2年連続で補強が思い通りに進まなかったチームに昨季以上の競争力を与えていると理解されたのだ。

『タイムズ紙』のレポートで、「CLでは自己ベスト級の高水準」と称えられた勝利はコンテ采配の勝利だった。PKでリードは許したが、内容的には敵将のディエゴ・シメオネがシステム変更を必要とする展開を強いた。

 基本の3-4-3システムを3-5-1-1に微調整したチームは、攻守にバランス良く機能。特に、アルバロ・モラタとエデン・アザールの縦の2トップは出色の出来だった。

 新CFのモラタは移籍後の7試合で7得点目となる同点ゴール。知的で効果的な動きや空陸両用の決定力に、コンテが昨夏に獲得を切望した理由を垣間見せるようになっている。

 アシストをこなしたアザールは、手術を要した今夏の足首負傷から十分な回復期間を与えられ、今季先発2戦目にして圧巻のパフォフォーマンスを披露。好みのトップ下で攻撃の自由を謳歌したチェルシーの10番は、試合後に中二日でプレミアでの大一番に臨む自信を訊かれると、「ベリー・ベリー・コンフィデント」と即答してもいた。

 加えて、後半アディショナルタイムにFKから軽快にパスが繋がれた攻撃を逆転ゴールで締め括ったのは、フルタイム数分前に投入されていたミシー・バチュアイ。ホームにマンチェスター・シティを迎えるチームのムードは、今季開幕以来最高潮と見受けられた。

シティ戦黒星は采配ミスだったのか?

 だが9月30日のスタンフォード・ブリッジでは、最終スコア(0-1)以上の完敗で今季2敗目を喫した。テレビ解説を務めたフランク・ランパードによる、「ピッチ上での風格、プレースタイル、機能性の全ての面で劣っていた」とのチェルシー評は否定し難い。シティが、ケビン・デ・ブライネが決めた極上のミドルに、2点目、3点目を上乗せして勝っていても不思議ではない内容だった。

『BTスポーツ』の解説スタジオでランパードとコンビを組むスティーブン・ジェラードは、「慎重すぎたし、選手交代も誤った」としてチェルシー指揮官への厳しい評価を口にしてもいる。この日のコンテ采配に対する疑問は、巷でもメディアでも聞かれた。とはいえ、「采配ミス」とまで言うのは如何なものか?

 事実上の5-3-1-1で後方に意識を割く戦術ではあった。守備的な姿勢が、マドリードで得たはずの勢いを削ぐ格好になったとする意見には頷ける部分もある。

 だが、シーズン序盤戦での強豪対決で慎重を期したコンテの判断も理解はできる。対戦3日前のタフなアトレティコ戦から2名しか先発メンバーを変えなかったチェルシーに対し、選手層で勝るシティはCLでシャフタールを下した(2-0)ホームゲームから中三日と、コンディション面でも若干有利な状況でもあった。

 国内では出場停止中だったダビド・ルイス以外のメンバー変更は、前週の6節ストーク戦(4-0)でもフルタイムをこなしていたビクター・モーゼス。代わりに右サイドで3バックの一員からウィングバックに回ったセサル・アスピリクエタは、対峙したレロイ・サネの驚異を抑えつつ、前後半に1度ずつ相手GKのセーブを呼ぶなど及第点以上の働きを見せた。

 前節は1時間程度でベンチに下がった左ウィングバックのマルコス・アロンソは、ダビド・シルバのシュートに身を投げてゴールを防ぎ、3バックの一角で先発したアントニオ・リュディガーも、ゴールライン上でガブリエル・ジェズスのシュートをクリアしていたように、チェルシーは個人としても組織としても、シティ戦で主眼を置いた守備に最善を尽くしたと言える。

 にもかかわらずの敗戦は、昨季の対決ではチェルシーに2戦2勝をもたらしたカウンター狙いの戦術を苦にしなかった、ペップ・グアルディオラ2年目のシティを褒めるしかない。

補強には不満も、割り切って仕事を進めるコンテ

 問題視された前半の選手交代にしても、モラタの負傷退場でカウンターで敵を仕留める確率が下がる中、失点を嫌うイタリア人監督でもあるコンテが、“ゼロトップ”で残る55分間の失点リスク軽減を意識しても無理はない。

 ベンチに控えるFWが、昨夏の獲得が自らの希望ではなく、今季も交代出場が主なバチュアイ以上の駒であればモラタの代わりに投入されたとは思われる。だが、理想には固執しない指揮官がハードワークの効くウィリアンの投入を選んだように、無い物ねだりをしても意味はない。

 鋭い戦術眼に現実的感覚をも持ち合わせるコンテは、フロント主導の補強に不満を隠せなかった今夏にも、最終的には「持ち駒の能力を伸ばし、最大限に引き出すことが自分の仕事」と発言して割り切り、退場者2名を出してバーンリーに敗れた最悪の今季黒星スタートによる脱線を未然に防ぎながら、今季チェルシーに対する周囲の評価をジリジリと上げさせてきた。

 現時点では、圧巻のシティが優勝の最右翼。僅差の有力候補は、やはり監督も納得の補強を経て、開幕から無敗のまま得失点差で追うジョゼ・モウリーニョ2年目のマンチェスター・ユナイテッドという見方が妥当だが、チェルシーも優勝候補であることに変わりはない。

 モラタが痛めたハムストリングも、シティ戦で無理を続けなかったことが幸いして次節前にも回復が見込まれる。

 その次節は、代表ウィーク明けの10月14日に行われるクリスタルパレス戦。7節ではユナイテッド、6節にはシティに、それぞれ4失点と5失点で大敗し、開幕からの敗戦と無得点が7試合連続に伸びた精神面もどん底の最下位だ。

 その格下をマンチェスターの両ライバルと同様に容赦なく叩くことから、今季優勝争いにおけるチェルシーの立ち位置確認が再び始まる。

(文:山中忍)

text by 山中忍