(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

フィギュアスケートの“不毛の地”と呼ばれて久しい韓国。

キム・ヨナが脚光を浴びたことはあったが、彼女の活躍は例外的なもので、全体のレベルは今も昔も決して高いとは言えない。韓国メディア『イルガン・スポーツ』は、「キム・ヨナの引退後は再び危機に直面している」と報じている。

間近に控えた平昌五輪でも、女子シングル2枠、男子シングル1枠、アイスダンス1枠の出場権を獲得したものの、メダルが確実視されるレベルの選手は見当たらない。

「日本でさえ羨ましい」

なぜ、韓国ではフィギュアが発展しないのか。

もっとも大きな要因としては、選手が競技に打ち込める環境が整っていないことがあるだろう。

2010年に開かれたG20ソウル・サミットで広報大使を務めた際、キム・ヨナが李明博元大統領に話した言葉が象徴的だ。

「フィギュア選手たちが練習できる専用リンクを作っていただけませんか」

キム・ヨナがそう発言したくなるのも無理はない。

というのも、韓国代表のフィギュア選手たちは、泰陵(テルン)選手村スケートリンクで練習しているのだが、このリンクはショートトラックやアイスホッケー競技と共同で使用しているのだ。

また、リンクの状態も安定せず、選手の間では「天気によって氷の質があまりに変わるので練習に支障がある」と不満が溜まっているのだという。

日本では浅田真央が母校である中京大のアイススケート専用リンクで自由に練習できていたことと比べると、その環境は十分だとは言えないだろう。

もっとも、それでも代表選手はまだ良い方だ。

代表に選出されていない選手たちは、各地のスケート場をその都度借りて練習しているのである。

昨年1月に行われたフィギュア総合選手権でユ・ヨン(当時11歳)歴代最年少優勝を達成した際には、彼女が年齢制限によって代表入りできず、泰陵選手村スケートリンクを使用できていないとして物議を醸していた。

フィギュア選手のマネージメント会社であるAll That Sportsの関係者は、「フィギュアに適した氷の質は、アイスホッケーなどとは異なります。幼い選手たちが韓国での練習を経て初めて国際大会に出場すると、フィギュアに最適化されたリンクに馴染めず何度もミスをしてしまうほどです」と証言している。

実際、北米やロシアなどのフィギュア先進国には、自治体が運営するフィギュア専用リンクが存在している。リンク設備が不十分であることは、韓国フィギュアのレベルが上がらない一因だと言えるだろう。

韓国メディア『マニアリポート』で取材部長を務めるイ・ウンギョン氏は、『NAVER SPORTS』で連載中のコラムの中で、こう綴っている。

「日本も北米やロシアに比べると、アイスリンクが豊富な方ではない。しかし、韓国の立場からすれば、日本でさえ羨ましい」

日本やロシアにあって、韓国にないもの

ただ、問題はリンクが不足していることのほかにもある。選手を育成するシステムがまったくと言っていいほどないのだ。

例えば日本には、1992年からスタートした日本スケート連盟主催の「全国有望新人発掘合宿」がある。荒川静香や浅田真央、羽生結弦まで日本を代表する選手たちが輩出されている強化プログラムだ。

また、ロシアを見ても、2010年のバンクーバー五輪以降、代表レベルのエリート選手たちが練習するクラブではコーチの給与を市が負担するなど、公的なバックアップが充実している。“フィギュア世界女王”メドベージェワもこの政策の中で育成された選手だ。

しかし、韓国ではこうした試みは見られない。キム・ヨナも世界的に成功してからはスポンサー収入などを得るようになったが、そこまでの道のりは、自費で国内外で練習を行うなど困難を極めた。

経費の問題は、アイスリンクが不足している問題とも直結している。大部分がソウルで生活しているフィギュア選手たちは、練習のために地方のリンクに移動するとなれば、コーチの移動費や宿泊費、さらに未成年者の場合は保護者の分まで負担しなくてはならないのだ。

前出のイ・ウンギョン氏は、こう嘆いている。

「結局、韓国フィギュアの国際的な競争力は、選手個々人の直接的なお金と時間、努力によってのみ成長している」

ただ、それでも韓国がフィギュアスケートにかける期待が大きいのは事実だ。

最近も、平昌五輪に向けて、キム・ヨナの後継者候補について報じられることが少なくない。
(参考記事:ついに後継者出現!? キム・ヨナと因縁深き“フィギュア新星”チェ・ダビン

つまり、期待ばかりが膨らみ、実質的な策は何も講じられていないというのが現状というわけだが、今後、韓国フィギュアの環境は改善されるだろうか。

引き続き、注目していきたい。

(文=李 仁守)