画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ニールセンは、同社のデジタル広告視聴率Nilesen Digital Ad RatingsにおいてYouTubeのモバイルアプリ広告の計測を日本でも開始することを発表した。

同社ではPCとモバイルのWebブラウザによるYouTubeの広告のリーチ計測を提供していたが、米国、カナダに次いで日本においてもモバイルアプリによるYouTube広告の測定を開始する。範囲拡大により、YouTubeのモバイルアプリ広告を含むYouTube広告全体のリーチ、フリークエンシー、GRP(グロスレイティングポイント)などを顧客に提供できるようになる。

同社によるYouTubeモバイルアプリ広告の測定は6月に米国で開始、日本とカナダを含む3カ国で利用可能になるが、今後世界各国で利用可能になる予定だとしている。