トリノに痛手…“エース”ベロッティが右ひざ負傷、4週間以上の離脱か

写真拡大

 トリノに所属するイタリア代表FWアンドレア・ベロッティが少なくとも4週間の離脱を強いられることになりそうだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が2日に報じた。

 ベロッティは1日に行われたセリエA第7節のヴェローナ戦で負傷。右ひざじん帯の損傷で、復帰まで30日から40日を要すると診断された模様。このため、セリエAのクロトーネ、ローマ、フィオレンティーナ、カリアリとの試合を欠場することが確実となった。
 
 すでに、マケドニアとアルバニアとの2018 FIFAワールドカップ欧州予選2試合の欠場が決まったが、その結果によってイタリア代表が2位を確保し、プレーオフに進出した場合、同試合にも出場できない可能性も浮上している。トリノだけでなくイタリア代表にとってもダメージの大きい離脱となってしまった。