坂本龍一 ドキュメンタリー映画、公開前日11/3に幻のNYライブと合わせて先行プレミア上映決定

写真拡大

 世界的音楽家である坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』が、11月4日より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開される。

坂本龍一 映画関連画像(全2枚)

 今回、公開前日となる11月3日、本作に加えて、劇中にも一部収められたライブパフォーマンスの模様を捉えた『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』が、全国各地で先行プレミア上映されることも決定した。

 2012年から5年に渡って坂本を丹念に追ってきた本作が捉えるのは、世界各地を巡り様々な“音”を集め、紡ぎ出した“音楽”とひとつになる瞬間や、40年に及ぶ音楽活動の中で生まれた数々の名曲にまつわるインタビュー。映画のクライマックスには、今年発表した8年振りのニューアルバム『async』のリリースを記念して4月にニューヨークの「パーク・アヴェニュー・アーモリー」で行ったパフォーマンスの一部が映し出される。世界でたった200人しか体験できなかったことから幻のライブといわれるこの貴重なライブの模様を収録し、音の空間的配置を5.1chサラウンドで再現したのが『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』。本作と同じくスティーブン・ノムラ・シブルが監督を務めている。

 “ドキュメンタリー”と“ライブパフォーマンス”を通じて、現在の坂本龍一をより深く体感できるおよそ3時間。またとないこの機会を見逃さないでおこう。

 なお、このプレミア上映のチケットは、チケットぴあにて、10月7日よりプレリザーブ開始となる。


◎上映情報
『Ryuichi Sakamoto:CODA』
『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』プレミア上映
11月3日(祝・金)19:00より2作品連続上映(途中休憩なし、22:00頃終映予定)
場所:角川シネマ有楽町/YEBISU GARDEN CINEMA/大阪ステーションシティシネマほか
http://bit.ly/2xMKbpd

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』
2018年1月27日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
配給協力:REGENTS
2017年/アメリカ・日本/カラー/5.1chサラウンド/DCP/70分
(c)KAB America Inc./SKMTDOC, LLC
http://liveviewing.jp/sakamotoasync/

『Ryuichi Sakamoto:CODA』
出演:坂本龍一
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー:スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー:角川歴彦 若泉久央  町田修一 空里香
プロデューサー:橋本佳子 共同制作:依田一 小寺剛雄
撮影:空音央 トム・リッチモンド, ASC
編集:櫛田尚代 大重裕二
音響効果:トム・ポール
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA  エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント 
制作協力:NHK  共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給?: KADOKAWA (c)2017 SKMTDOC, LLC
2017年/アメリカ・日本/カラー/DCP/American Vista/5.1ch/102分
http://ryuichisakamoto-coda.com/