監督になった呂比須ワグナー、試合中にやった「神トラップ」が話題に

写真拡大

先週末に行われたJ1第28節。

アルビレックス新潟対ヴィッセル神戸の試合では、こんなシーンがあった。一瞬なのでお見逃しなく!

32分、三原雅俊とホニが競り合うと、ボールは高く上がりそのままタッチラインを割る。

すると、呂比須ワグナー監督が鮮やかなタッチでこれを神トラップ!何事もなかったかのように、ボールを足元に収めたのだった。

現役時代は日本代表として、1998年ワールドカップにも出場した呂比須監督。利き足は右だが、逆足でこのコントロールができるのは流石だ。

また、ボールは高く上がっていただけにトラップは相当に難しいはずだが、革靴でこれだけ柔らかいタッチができるのも驚きだ。

監督による美技といえば、名古屋グランパスを率いていたドラガン・ストイコヴィッチ監督が見せた豪快なダイレクトシュートが有名だが、それに劣らぬ鮮やかなテクニックを見せた。

なお、試合は新潟が0-2で黒星。次節の結果次第ではJ2降格の可能性がある。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています