レアル・マドリーに所属するカリム・ベンゼマ【写真:Getty Images】

写真拡大

 負傷離脱していたレアル・マドリー所属のフランス代表FWカリム・ベンゼマが、現地時間14日にアウェイで行われるヘタフェ戦で戦列復帰する可能性が出てきた。2日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 現地時間9月9日に行われたレバンテ戦で先発出場を果たしたベンゼマだったが、28分に右足ハムストリングを痛め負傷交代。その後、公式戦6試合を欠場している。同紙によると、現地時間1日のエスパニョール戦で起用できた可能性もあるが、リスクを冒したくないと考えたジネディーヌ・ジダン監督が起用を見送ったという。

 ヘタフェ戦まで代表ウィークを挟むため、万全な状態で出場することが出来るだろう。現在、マドリーはチャンピオンズリーグ出場圏内よりも下の5位に沈んでいる。首位のバルセロナとは勝ち点7差開いているが、ここから巻き返しを図りたいところだ。

text by 編集部