ペッパーXを紹介するカリーさん(右端)(画像はFirst We Feastの動画キャプチャより)

写真拡大

2017年6月4日にJ-CASTヘルスケアで、ギネス世界記録「世界で最も辛い唐辛子」に認定されている品種を上回る辛さを持つという唐辛子「ドラゴンブレス」を紹介した。

しかし、早くもこのドラゴンブレスをさらに上回る唐辛子が登場したと、複数の海外メディアが報じている。

ドラゴンブレスは唐辛子の辛さを示す単位「スコヴィル値」が248万に達するとされているが、今回登場した新たな唐辛子は318万だという。

気道を損傷する可能性が

ドラゴンブレスを上回った唐辛子を開発したのは、米国にあるPuckerbutt Pepper Companyという唐辛子製品を製造するメーカーのオーナー、エド・カリーさんだ。今のところ唐辛子の名前は決まっておらず、「ペッパーX」という仮名が与えられている。

当たり前のように100万単位の数値が出てくるので比較しづらいが、一般的に辛味づけに使われるタバスコソースのスコヴィル値は約2500〜4000。激辛唐辛子としてよく知られているハバネロでも約10〜30万で、ジョロキアになってようやく約100万だ。

318万と言う数値の辛さは想像もできないが、護身用に使われる唐辛子スプレーでも200万程度であることを考えると、何らかのダメージを受けてもおかしくない辛さだと思われる。

カリーさんも米グルメ情報メディア「First We Feast」が9月19日にユーチューブ上で公開した動画に登場し、

「唐辛子を最もホットに楽しめるのは(チリ)ペッパーですが、ペッパーXをその状態で使うのは危険すぎます。気道を損傷するなど、致命的なダメージを負いかねません」

と説明。

激辛食品愛好家たちが集まる「Heatonist」というサイト上でペッパーXを使用し、安全な辛さに調整したチリソース「Hot Ones」を販売しているという。ちなみに、初回生産分の1000本は2分で完売したそうだ。

自分の記録を自分で超える

実はカリーさん現状ギネス世界記録に認定された最も辛い唐辛子である「キャロライナ・リーパー」を開発した人物でもある。

やはり世界記録を他の品種に塗り替えられることが納得いかなかったのか。9月26日付の米FOXニュースの記事によると、そういうわけではないようだ。

というのも、ギネス世界記録に認定されるには、収穫された唐辛子の平均値が一定である必要がある。キャロライナ・リーパーは平均156万を記録しているが、ドラゴンブレスの248万は平均値でないため今のところ公式記録になっていない。

カリーさんはペッパーXの平均値が300万になることに自信を見せており、ギネス世界記録にも申請中。11月には結果がでると話している。