SIEの新経営体制が発表―現副社長の小寺氏がCEOに、現CEOのハウス氏は会長職に就任

写真拡大

ソニー株式会社とソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC(以下:SIE)は、SIE副社長である小寺剛氏が、SIE社長兼CEOに就任する旨を発表しました。

これまで同社社長兼グローバルCEOを務めてきたアンドリュー・ハウス氏は、会長職の就任とソニーの執行役EVPの退任が決定。ハウス氏は、2017年内は円滑な経営体制移行に務めるとのことです。また、同社の国内法人も小寺氏が代表取締役社長に就任し、ハウス氏は取締役会長に就きます。

小寺氏は、SIEが担うゲーム&ネットワークサービス事業についてグローバルな経営責任を有し、ソニーの社長兼CEOの平井一夫氏に直接レポートする役割になるとのことです。なお、小寺氏のソニー執行役員ビジネスエグゼクティブの役職に変更はありません。

■関連リンク
ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新経営体制について