※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

1年の内で1番綺麗な月が見られる『中秋の名月』。団子などを供える月見は、古くから日本人に親しまれてきました。

2017年は10月4日に見ることができますが、今年は満月ではなく、少し欠けた月になります。

中秋って?

中秋の名月とは、月の満ち欠けで暦を決める太陰太陽暦を使っていた時代の、8月15日の月のことを指します。

この時代の秋は、7月から9月とされていたため、8月15日はちょうど秋の真ん中でした。このため、中秋と呼ばれるようになりました。

現在の太陽暦に合わせると、約1か月のズレが出るため、9月〜10月の月が中秋の名月です。

※写真はイメージ

また、日本には『中秋の名月』の後に巡ってくる十三夜も、2番目に美しい月といわれ、月見をする習慣があります。

十三夜は太陰太陽暦で9月13日。2017年は、11月1日が十三夜です。

『中秋の名月』と十三夜を両方とも見ることで、縁起がよくなるといわれています。

少し欠けているとはいえ、いつも以上に美しい、秋の夜空に浮かぶ月。

10月4日の天気は、全国的によいと予報されていますので、当日は夜空を見上げてみてくださいね。

[文・構成/grape編集部]