香港航空は、香港国際空港にラウンジ「Club Autus」を9月1日にオープンした。

従来のラウンジと比べて、広さは2.5倍となった。木材と緑を使用した落ち着いたラウンジで、ラテン語で成長や拡大を意味する「Autus」と名付けた。

VIPルーム2部屋、ビジネスゾーン、100席以上の座席やスリープゾーンを備えた休憩エリア、ファミリーゾーン、シャワー室や授乳室などのパーソナルケアゾーン、建築中の「港珠澳大橋」や空港の駐機場を望める展望ゾーン、ビュッフェバー、ヘルシーフードエリアなどを設けた。香港ならではとなる、お茶を80種類以上楽しめる。

香港航空のビジネスクラス利用者、Fortune Wings Clubのゴールド・シルバー会員で当日の香港航空利用者は無料で利用できる。ゴールド会員は同伴者1名も無料。有料で利用することもできる。場所はミッドフィールドコンコースの7階、営業時間は午前6時から最終便まで。