皮肉なことにSamsungにとって、自社が提供するGalaxy S8よりも、AppleのiPhone Xから得られるパーツ収益の方が、40億ドル(約4,400億円)ほど多くなる見通しであることが分かりました。SamsungはiPhone Xのパーツのうち、ディスプレイのほか、複数のチップ、バッテリー、コンデンサーなどを供給しています。

1台あたりの利益はGalaxy S8だが

調査企業Counterpointsによると、11月3日の発売から20カ月でiPhone Xは、計1億3,000万台が売れる見通しです。一方で、4月に発売されたGalaxy S8は、20カ月で5,000万台になるとのことです。
 
スマートフォン販売だけでなく、パーツのサプライヤーとしても名を馳せるSamsungにとって、iPhone X1台が売れるごとに約110ドル(約12,100円)のパーツ収益が上がるため、1億3,000万台が売れると、143億ドル(約1兆5,730億円)が懐に入る計算です。対して、Samsung自身が販売するGalaxy S8は、1台売れるごとに202ドル(約2万2,200円)となり、5,000万台売れることで、101億ドル(約1兆1,110億円)が手に入ります。
 
つまり、Samsungにとって、1台あたりから得られる収益はGalaxy S8の方が多いものの、売れる台数が違うので、最終的にはiPhone Xにパーツを供給する方が儲かってしまう、というわけです。
 
もちろん、SamsungにはGalaxy S8以外にもGalaxy Note 8というフラッグシップモデルがありますし、AppleにもiPhone8/8 Plusが存在するので、最終的にSamsungが自社端末とApple向けの端末で得られるパーツ収益は変わってきます。また、あくまでも今回は純粋にパーツ収益のみの試算です。

Appleも依存体制からの脱却へ

この事例ひとつとっても、いかにAppleがSamsungに大きく依存しているかが分かるというものでしょう。
 
事実、iPhone Xより搭載される有機EL(OLED)ディスプレイは、Samsung以外が量産体制になかったことから、同社の独占供給となりました。競争相手がいなかったためにコスト増を招き、これがiPhone Xの価格が上がった一因となったとも言われています(もともとOLED自体が高いのもありますが)。
 
こうしたことから、Appleは近年、サプライヤーを分散して競争させるか、あるいは自社開発する方針へと切り替えつつあります。実際、AppleはSamsungのライバルであるLGのOLED生産工場に巨額の出資を行っていることも分かっています。
 
 
Source:WSJ,MacRumors
(kihachi)
 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ