中国が北朝鮮を放棄したら金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はどうなるか。写真は北朝鮮。

写真拡大

2017年10月2日、米華字ニュースサイト・多維新聞によると、仏メディアは中国が北朝鮮を放棄したら金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はどうなるか論じる記事を掲載した。以下はその概要。

北朝鮮は核開発をやめず、中朝関係の緊張を高めている。北朝鮮の核問題のせいで、中国は国際社会の批判を受けている。中国は北朝鮮を放棄できるのか。放棄したら金正恩氏はどうなるのか。朝鮮半島情勢はどこへ行くのか。

9月3日に強行された北朝鮮の核実験は、中国政府を激怒させ、経済制裁の強化を招いた。中国政府は北朝鮮の政権崩壊を望まず、引き続き対話を呼びかけているが、表向きの情状酌量の可能性がある。米国のティラーソン国務長官は9月30日、中国が北朝鮮と複数の対話ルートを持っていると指摘。しかし、北朝鮮には核問題での対話に応じる気配はないとしている。

仏AFP通信によると、中国政府にすれば、政権崩壊で難民が大量に流入するのも、米国が大軍を国境付近に近づけるのも望んでいないだろう。国際問題の専門家は、米中双方にできるだけ早く「金正恩氏の退任後の時代」について討論すべきだと指摘している。

中国の専門家は「中国は米国や韓国と早く議論すべきだ」と指摘。両国と協議する以外に中国はより良い選択肢を見いだせないと予測している。(翻訳・編集/大宮)