ロドリゴがアルカセルのバレンシアでの記録に並ぶ

写真拡大

バレンシアのストライカー、ロドリゴ・モレーノは直近のリーガ4試合全てでゴールを決めている。 
この記録は エドムンド・スアレス(通称“ムンド”)、ウェルド・マチャド、マリオ・ケンペス、ダビド・ビジャといったバレンシアの歴代最高のストライカー達のレベルに彼を位置づける。 

レバンテとのアウェー戦(1-1)、ホームでのマラガ戦(5-0)、レアル・ソシエダとのアウェー戦(2-3)、そして今週末のホームでのアスレティック・ビルバオ戦(3-2)でロドリゴは各試合1ゴールずつマークしてきた。 

バレンシアで4試合連続ゴールを記録したその他の選手にはフアン・サンチェス、ヨン・カリュー、最近だとロベルト・ソルダード、パコ・アルカセルがいる。 

さらにウェルド・マチャド、ケンペス、カビージョは5節連続、カルロス・ディアルテは6節連続、ムンドは7節連続でゴールを記録している。 
果たしてロドリゴがどこまで記録を伸ばせるのか注目である。 

バレンシアは代表ウィーク後となる次節、10月15日にアウェーでベティスと対戦する。