画像提供:マイナビニュース

写真拡大

フェリシモがプロデュースし、神戸の老舗子ども服ブランド「ファミリア」がデザインを手掛けた「日本一かわいい母子健康手帳」の交付が兵庫県神戸市にてスタートした。10月2日の妊娠の届け出からを対象にしていて、同社は「港町神戸らしさもあるかわいらしいデザインです」とコメントしている。

中面は全ページがフルカラー印刷で、ママが書き込みたくなるかわいさに仕上げたという同手帳。妊娠の経過や成長の記録を数値として残すだけでなく、誕生日などの成長の節目に、子どもへその時の気持ちを伝えられるページなども作ったとのこと。同社は「子ども自身が『愛された証』として受け継がれることを願っています」としている。

また同社のママ社員と神戸市のママ社員とで座談会を開催し、記入したくなる内面デザインや、予防接種の記録の増ページなど、子育て中の女性ならではの要望を多数反映した。

手帳とあわせて、子育てのテキストである「神戸っ子 すくすくハンドブック」もリニューアルし、男性やおじいちゃん・おばあちゃん向けのページを強化。家族みんなで子育てに参加してもらう工夫を取り入れているという。

交付場所は区こども家庭支援課こども保健係、支所保健福祉課こども保健係、西神中央出張所保健福祉サービス窓口となっていて販売はしていない。