東京タイプディレクターズクラブ(Tokyo TDC)Webサイト
http://tdctokyo.org/jpn/

文字や言葉の視覚表現の追求を目的として1987年に設立された東京タイプディレクターズクラブ(Tokyo TDC)は、今年28回目を迎える「東京TDC賞 2018」の公募を実施中。タイポグラフィカルなデザイン、タイポグラフィ、タイプディレクション、タイプデザインの領域を柔軟な解釈で審査する公募で、国内外から広く作品を募集している。募集カテゴリー8つのうちRGB部門やWeb作品のメール受付の締切は2017年11月1日(水)。RGB部門以外の事務局への郵送作品は11月11日(土)必着まで受け付けている。RGB部門以外の作品の直接搬入日は11月21日(火)の10:00〜17:00で、会場は中央区産業会館 3F展示室(東京都中央区東日本橋2-22-4)。

「東京TDC賞 2018」には全9カテゴリーが用意されている。内訳は、小型グラフィック(CDジャケットを含む)、エディトリアル・デザイン、タイプデザイン、マーク&ロゴタイプ / コーポレートステーショナリー / ブランディング、サイン&ディスプレイ / パッケージ、ブランディングから派生した広告を含むアドバタイジング(新聞・雑誌広告 / ポスターA=商品・企業広告 / 広告キャンペーン / TVCF)、ポスターB(商品や企業広告以外のポスター)、トライアル(従来のカテゴリー外の作品)、RGB部門。RGB部門はかつてのインタラクティブデザイン部門と映像部門(TVCFを除く)を1つにした部門で、Webサイト / スマートフォンやタブレット型のコンピュータ、関連のソフトウェアも含め、ディスプレイに表示することを前提に制作された作品を対象としている。

応募資格は不問だが、TDCでは応募者=タイプディレクターとの位置付け。2016年9月から応募締切日までに制作もしくは発表された作品を対象とし、RGB部門とタイプデザイン部門のみ過去2年間の作品での応募も認められている。学生作品は指導者と無関係に学生が独立した立場で制作 / 応募するものに限定。国内出品者に関しては、応募作品数に上限は設けられていない。TDC会員以外の一般応募の登録料は1000円で、部門や作品の形態ごとに異なる出品手数料が別途に必要とされる。

■応募締切
RGB部門(Web作品のメール受付も同日):2017年11月1日(水)必着
RGB部門以外の郵送作品:2017年11月11日(土)必着
RGB部門以外の作品直接搬入日:2017年11月21日(火)10:00〜17:00

■応募資格:
不問(応募者=タイプディレクター)

■賞:
グランプリ(20万円 / 賞状)
ほか

■問い合わせ先:
NPO法人 東京タイプディレクターズクラブ事務局
tel. 03- 6276-5210
url. http://tdctokyo.org/jpn/