バロテッリに第2子が誕生…母親はスイス在住の26歳、マタニティフォトも披露

写真拡大

ニースに所属するFWマリオ・バロテッリに第2子となる男児が誕生した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

バロテッリは今シーズン、これまでリーグ・アン4試合に出場し4得点をマークするなど活躍を見せている。

そんな好調を維持する27歳のFWは、私生活でも充実の時を過ごしているようだ。9月9日にバロテッリは自身のインスタグラムを更新。交際中と見られるスイス在住の26歳、クレリアさんのマタニティフォトを掲載。「ローディング中」とコメントし、間もなく自身の第2子が誕生することを予告していた。

それから3週間ほど経った9月28日、バロテッリは再びSNSを更新。「幸せ」とのコメントを綴っており、自身にとって初めてとなる男児が生まれたことを明かしている。男児はリオン(ライオンの意)君と名付けられたとみられ、既に数多くのファンからお祝いの言葉が寄せられている。

バロテッリはこの日、ヨーロッパリーグ(EL)第2節フィテッセ戦に出場。記念すべき日に祝砲を放つことはできなかったが、同僚のFWアラサーン・プレアがドッピエッタ(1試合2得点)を決めるなどチームは3-0で快勝し、二重の喜びとなった。

なおバロテッリには、以前交際していたナポリ出身のモデル、ラファエラ・フィーコさんとの間に4年前、女児ピアちゃんが誕生している。