レアルに朗報、ベンゼマが負傷から回復…中断明けヘタフェ戦で復帰へ

写真拡大

 レアル・マドリードに所属するフランス人FWカリム・ベンゼマが、10月14日のリーガ・エスパニョーラ第8節ヘタフェ戦で復帰する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『マルカ』が10月2日に報じている。

 ベンゼマは9月9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節レバンテ戦で先発メンバーに名を連ねたが、28分に負傷交代。右足ハムストリングを痛め、復帰を目指している。

 今回の報道によると、ベンゼマの負傷はすでに癒えているという。今月1日のリーガ・エスパニョーラ第7節エスパニョール戦で復帰を果たす可能性もあったが、ジネディーヌ・ジダン監督はリスクを冒さない選択をしたと報じられている。国際Aマッチウイークによる中断期間を経て、14日のヘタフェ戦で復帰する可能性が高まっているようだ。

 先月20日には、レアル・マドリードとの契約を2021年6月30日まで延長したことが発表されたベンゼマ。首位バルセロナを追うチームにあって、頼もしいストライカーが復帰目前に迫っている。