チェルシーに痛手、モラタが約6週間の離脱か…ハムストリングスの負傷

写真拡大

 チェルシーに所属する24歳のスペイン代表FWアルバロ・モラタがハムストリングの負傷により戦線から離脱するようだ。2日にイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 9月30日のプレミアリーグ第7節マンチェスター・シティ戦で先発出場を果たしていたモラタは、35分にブラジル代表FWウィリアンと負傷交代を強いられていた。同紙によると、同選手はハムストリングの痛みにより約6週間離脱する見通しだという。チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ・ローマ戦などを計6試合程度欠場する見込み。

 モラタは今夏の移籍市場でレアル・マドリーからチェルシーに加入し、現在までに公式戦9試合出場で7得点を決める活躍を見せている。同クラブのベルギー代表FWエデン・アザールと共にチームの得点源であったモラタの長期離脱は、チェルシーにとって大きな痛手となりそうだ。