英国国旗(2017年3月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英ロンドン(London)のメイフェア(Mayfair)地区にあるすし店「THE ARAKI」が、レストラン格付け本「ミシュランガイド(Michelin Guide)」の三つ星を獲得した。英国の日本食レストランが三つ星を獲得したのは初めて。

 カウンター9席の同店のメニューはお任せのみで価格は1人300ポンド(約4万5000円)。昨年の二つ星から昇格し、誰もが欲しがる最高評価のレストランの仲間入りをした。

 オーナーの荒木水都弘(Mitsuhiro Araki)氏は、三つ星を獲得していた東京のすし店を閉めて、2014年にロンドンにこの店をオープンしていた。

 ミシュランガイドの国際ディレクター、マイケル・エリス(Michael Ellis)氏は「ロンドンに拠点を移した荒木氏は、主に欧州で手に入る魚をネタに使おうと努めている。彼のすしは、本当に気品にあふれている」と絶賛している。
【翻訳編集】AFPBB News