AppleがiPhone Xで採用したTrueDepthカメラについて、Android端末が同レベルの機能を提供できるようになるには「2年半かかる」と、Apple情報の正確さに定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が述べています。

Androidは2019年内にiPhoneに追いつけない!?

クオ氏はiPhone Xの発表前、QualcommがAndroid端末向けに開発中の3D認識システムについて、AppleがiPhoneに搭載する顔認識技術のほうが、「2年は先に進んでいる」との見方を示していました
 
しかしiPhone Xの技術的な詳細やデモンストレーションを見たあとで、Appleはさらに半年ほど先を行っている、と判断したようです。
 
Android端末はAppleのTrueDepthカメラに、2018年、2019年中は技術的にまず追いつけない、とクオ氏は述べています。そのため製造上の問題などでiPhone Xの生産台数が2017年中は限定されたとしても、高性能スマートフォン市場におけるiPhoneの地位は、今後数年間は揺るがないというのがクオ氏の予測です。

iPhone X、2018年は確実に出荷台数が伸びる

KGI証券は2017年におけるiPhone Xの出荷台数予測を4,000万台から3,000万〜3,500万台へと引き下げましたが、クオ氏は来年の出荷台数は確実に伸びると考えているようです。
 
AppleはTrueDepthカメラによる顔認証、Face IDのセキュリティにはかなりの自信を持っているようで、無作為に選ばれた他人がiPhone Xを見て、Face IDで本体のロックを解除できてしまう確率は100万分の1で、Touch IDの5万分の1よりも認証精度が高いと説明しています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ