画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムは10月2日、AndroidおよびiOSのマルチプラットフォームを採用したAR・VRアプリ専用コントローラ「JC-VRR02VBK」を発表した。10月下旬より発売する。価格は7,279円(税込)。

別途用意するAR・VRグラスを装着したまま、スマートフォンのAR(拡張現実)、VR(仮想現実)アプリを操作できるBluetoothコントローラ。AR・VRグラスなしの単独でも使える。ワンダーリーグが開発したプラットフォーム「ヴルーム(Vroom)」を用いており、開発キット「ヴルームSDK」を組み込んだアプリとスマートフォンを連携。AndroidとiOSをサポートする。

また、iOSの次期AR開発フレームワーク「ARKit」にも対応する。2017年11月には、ARKit対応のゲームアプリ「ARロボットバトル」など、2本のゲームをApp Storeで配信する予定だ。

JC-VRR02VBKの本体には、トリガー式を含めた6個のボタンと、2軸アナログスティック1本を装備。6軸のジャイロ、加速度対応のモーションセンサーも内蔵する。ゲームアプリ用コントローラとして使用できるほか、スマートフォンアプリのコントロールにも利用でき、音量調整機能も搭載。1台の端末に対して2台まで同時接続可能で、2台のJC-VRR02VBKを両手に持って操作するアプリ、ゲームも楽しめる。

インタフェースはBluetooth 4.0。プロファイルはGATT。電源には単4形乾電池×2本を使用し、連続動作時間は約75時間。本体サイズは約W149×D89×H46mm、重量は約56g。対応OSはAndroid 5.0以降、iOS 10以降。