泉谷直木●1948年生まれ。京都産業大学を卒業後の72年、アサヒビール入社。広報部長などを経て2003年取締役。10年社長。アサヒグループホールディングスの発足により11年同社社長兼COO、16年から会長兼CEO。

写真拡大

笑いやユーモアは仕事をするうえで、大切な役割を果たす潤滑油だ。実業界で「コミュニケーションの達人」として名高いアサヒグループホールディングスの泉谷直木会長が、3つのシーン別にビジネス・ユーモアのコツを伝授する――。

■(1)パーティ・披露宴にて

米海軍のリーダーシップについて書かれた本を読むと、リーダーに不可欠な能力のひとつに「ユーモアのセンス」が挙げられている。リーダーには場の雰囲気を和らげ、部下の心を落ち着かせるためのユーモアのセンスが必要なのだ。

ただし、仕事におけるユーモアは、相手を笑わせればそれでいいというものではない。次のような注意点がある。

第1に、人を傷つけるブラックジョークはユーモアとはいわない。第2に、下品な笑いもユーモアではない。たとえば、人を見下したり卑屈な態度に出たりすることだ。TPOを心得ずに下ネタを披露することも下品である。第3に、本人は笑わせているつもりでも自画自賛に聞こえたらダメである。

それを踏まえたうえで、以下、「これぞユーモア」といえる実例を紹介したい。

▼これこそがユーモアの効能!

「酒と女と歌を愛さぬ者は、生涯愚か者のままだといわれます」

ある異業種交流会のビアパーティで乾杯の挨拶を頼まれた私はマイクの前に立つと、こう話を切り出した。会の趣旨や本日の成果など、まじめな挨拶はすでに主催者が済ませてある。だから私の役割は、少しくだけた話をして、その場の雰囲気を柔らかくすることだ。とはいえ、いきなりあけすけな話をしたものだから、出席したみなさんは「おや?」という顔をして私を見ている。

「これは16世紀ドイツの宗教改革家マルチン・ルターの言葉です。当時のキリスト教はあまりにも厳格になりすぎ、聖職者は結婚もできない。それでは一般の信者が離れていくので、ルターはこんな言葉を使いながら宗教改革に乗り出したわけです」と種明かしをし、最後は20世紀を代表する米国の歌手、フランク・シナトラの名台詞でこう締めた。

「アルコールは、もしかしたら人間最大の敵かもしれません。でも、聖書にはこう書いてあるじゃないですか。『汝の敵を愛せ』と」

そして「じゃあみなさん、今日も元気に乾杯!」とグラスを持ち上げると、参加者の緊張も一気にほぐれ、笑い声とともににぎやかなパーティが始まった。これこそが、ユーモアの効能だと私は思う。

先に述べたとおり、ユーモアには「ブラックジョークや下品はご法度」という条件がある。特に気をつけなければならないのは、結婚式のようなおめでたい席の挨拶だ。私がある人の式で披露し、拍手喝采をいただいたのは次のようなスピーチだ。

まず主役である新郎新婦をほめる。次に「この親御さんにしてこの子ありです」と2人の両親を持ち上げる。ここまでは当たり前だろう。その先がポイントだ。私はこう述べた。

「思えば親の手を離れたあとは社会が2人を育ててくれました。ということは、今日ここに来ている方たちみなさんが新郎新婦の育ての親です。みなさん、これからもいままで同様、まだまだ未熟な2人を支えていってあげてください」

人を育てるのは、関わりを持つ周囲の方々すべてである。理屈ではわかっていても、なかなか実感しにくいことだろう。だが、披露宴には彼らと縁のある人たちが勢ぞろいしている。たしかに、見渡せばみんなが「育ての親」なのだ。

私のスピーチにその場に来ていた親戚・友人・同僚などのみなさんはそれぞれが深く納得し、笑顔になって拍手を贈ってくれた。これなら下品ではなく、誰も傷つかない。

■(2)若手社員に

若手と話すとき、気をつけていることがある。相手はだいたい緊張しているから、リラックスさせるためにユーモアを交えるのだ。つい先日も、私のところに技術の説明に来たIT部門の若手が、引きつった顔のままいきなり話を始めたので、私はそれをさえぎって、困った調子でこういった。

「なんや、専門用語だらけやないか。これだと家に帰ってウィキペディアで延々調べなあかん。もう少しわかりやすい言葉で説明してくれんと、家でゆっくり休めんなあ」

すると、そのひと言でようやく落ち着きを取り戻したようで、その先の説明は俄然わかりやすくなった。

叱るときもユーモアが必要だ。たとえば、部下の提案の甘さを指摘したあとで、「ま、俺も社長から『こんな企画ダメだ!』と2回続けて突き返されたことがある。でもメゲずにもう1回持っていったら、さすがに社長も根負けして『わかった、わかった、やってみろ』。最後は認めてくれた。だから一度であきらめるなよ」と付け加える。

部下を叱るのはあくまで成長を期待してのことだから、最後はユーモアで癒やしを与え、やる気を引き出して話を終えるのである。

頑張っている部下を励ますときはこんな具合だ。

「いまは大変だと思うが、1日8時間、一生懸命働けば必ず偉くなるから頑張れよ。偉くなったら、1日12時間働くことになるけどな。俺なんか365日、24時間休みなしだ」

ただ「頑張れよ」でもいいのだが、ユーモアを交えた言い回しのほうが、心に染みるのではないだろうか。

部下との会話にユーモアを挟み込む際は、相手と同じところまで目線を下げることを忘れてはならない。自分は上司だから、役員だからといって、相手を見下すような気持ちがあると、せっかくのユーモアも「どうだ、俺の話は面白いだろう」という自画自賛の押しつけになってしまう。これでは、知識や教養をひけらかすだけの嫌みな上司でしかなく、もちろん尊敬もされない。

■(3)幹部社員に

役員や部長クラスの社員に対しては、緊張を解くためのユーモアはそれほど重要ではない。むしろ、経営課題の解決に関する本質的なことを伝えるときにこそ、ユーモアが威力を発揮する。

「もっとスピード感をもって仕事をしろ」とストレートにいうよりも「築城3年落城1日というが、日本電産の永守重信社長の言葉を借りれば、いまは築城3年落城3時間だ。これくらいのスピード感で仕事に取り組んでくれ」と比喩を交えたほうが、イメージが具体的になる分理解しやすくなる。

また、私は役員会で「カマキリみたいな提案をするな」と一喝したことがある。もちろん、いわれたほうは「え、カマキリ?」と、わけがわからずきょとんとしている。私は、彼の提案を聞いて、細部が詰められておらず不十分だと思った。だが、彼は「大丈夫です、やれます」と威勢だけはいい。

そこで私は、自分は小さなカマキリにすぎないのに、前足を振り上げて大きな車に向かっていく愚かな姿を表現した蟷螂の斧の故事を思い出し、カマキリと言ったのだ。私がそう解説すると、彼もすぐに納得してくれたようだった。

厳しいことや耳が痛いことは、いわれるほうもあまりうれしくないし、プライドから反発を感じることも少なくない。だからこそユーモアで説教臭を緩和するのだ。

■(4)目上の人に

ユーモアのセンスを身につけるためには、目上の人のセンスを盗むことだ。私は若いころから歴代の社長と直接仕事をする機会が多く、おかげでずいぶんと盗ませてもらった。

最初に下についた村井勉社長は大変な読書家で、当時あまり本を読んでいなかった私にさりげなく読書を勧めてくれた。折々に読み終えた本をくれるのである。そのときの言い方に、村井さんらしい気遣いがこもっていた。

「わが家は古いからな。本をいっぱい持って帰ると『あんた、本の重みで床が抜ける』と嫁はんが怒るんや。床が抜けたら困るから、この本、君が持っていけ」

こんなユーモラスな言い方をし、決して「これ読んでおけ」と命じることはなかった。

次の社長、樋口廣太郎さんは、禅の公案のようなユーモアが好きな人だった。京都の街を車で走っていたときのことだ。樋口さんが急に「あそこに見える比叡山の前に電柱が何本も立っているな。おまえ、あれを消せるか」と私に質問する。

「消せるわけがないですよ」と答えると、樋口さんは「比叡山に意識を集中すればいい。俺は画家の東山魁夷先生から聞いて、自分でも練習したらできるようになった。いまは電柱なんて一瞬で消せるぞ。まあ、おまえには無理かもしれんがな」という。ユーモラスな語り口で、本質の見抜き方を伝授してくれたのだ。

瀬戸雄三さんで印象的なのは、お辞儀の仕方。エレベーターの前でお客さんをお見送りしたとき、私のお辞儀の仕方があまり丁寧に見えなかったのか、「おまえはお辞儀の仕方も知らんのか。頭はお客さんの靴のつま先が少しだけ見えるくらいに下げるんや」といって自ら手本を見せてくれた。いくら心を込めて頭を下げても、そう見えなければ心がこもっていないのと一緒だということを、身をもって教えてくれた。

あえて付け加えると、自分が目上の人と接するときは、ユーモアを交えようなどとは考えなくていい。私も歴代トップに対してユーモアじみた口を利いたためしはない。それよりも、彼らの滋味にあふれる話をよく聞き、咀嚼したから私にも多少の蓄積ができたのだ。

ユーモアのセンスを磨くには、本を読むことも有用だ。読むほどに知識や気の利いた言い回しが自分の中に蓄積される。そうやって引き出しが増えれば増えるほど、状況に応じた言葉が出やすくなる。人に学び、本に学ぶ。当たり前かもしれないが、それが大事なことである。

(アサヒグループホールディングス会長兼CEO 泉谷 直木 構成=山口雅之 撮影=永井 浩)