イングランド代表、21歳ウィンクスを初招集…負傷2選手に代わって追加

写真拡大

 イングランドサッカー協会(FA)は10月2日、2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選に臨む代表メンバーの変更を発表した。

 9月28日に26選手のメンバーリストが発表されていたが、DFフィル・ジョーンズ(マンチェスター・U)とMFファビアン・デルフ(マンチェスター・C)の負傷離脱が決定。代替選手として、MFハリー・ウィンクス(トッテナム)が初招集となった。

 ウィンクスは1996年生まれの21歳。トッテナムの下部組織出身で、2014年からトップチームでプレーしている。今シーズンはプレミアリーグ第7節終了時点で5試合に出場。U−21イングランド代表に招集されていたが、A代表へ昇格する形で追加選出された。

 イングランド代表は10月5日にスロヴェニア代表と、8日にリトアニア代表と対戦。残り2試合時点でグループFの首位に立っており、いずれかの試合で勝利を収めればW杯本大会出場を決めることができる。

 10月2日時点での、イングランド代表招集メンバー25名は以下の通り。

▼GK
ジョー・ハート(ウェストハム)
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
ジャック・バトランド(ストーク)
ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)

▼DF
ハリー・マグワイア(レスター)
キーラン・トリッピアー(トッテナム)
マイケル・キーン(エヴァートン)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
アーロン・クレスウェル(ウェストハム)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・U)
クリス・スモーリング(マンチェスター・U)
ガリー・ケーヒル(チェルシー)

▼MF
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ハリー・ウィンクス(トッテナム)※追加招集
ジェイク・リヴァモア(ウェスト・ブロムウィッチ)
ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)

▼FW
ハリー・ケイン(トッテナム)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
ジャーメイン・デフォー(ボーンマス)
ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)

https://twitter.com/England/status/914913262608814080