阪神は2日、高宮和也投手と来季契約を結ばないことを通告したと発表【写真:Getty Images】

写真拡大

オリックスは高木、八木、育成・中道ら戦力外

 阪神は2日、高宮和也投手と来季契約を結ばないことを通告したと発表した。また、オリックスは高木伴投手、八木亮祐投手、塚田貴之投手、育成の角屋龍太投手、赤松幸輔捕手、中道勝士捕手の6選手に戦力外を伝えたと明らかにした。

 阪神・高宮はホンダ鈴鹿から05年ドラフト希望枠で横浜(現DeNA)入団。10年オフにオリックス、12年オフに人的補償で阪神に移籍。15年にはキャリア最多52試合に活躍したが、今季は1軍登板ゼロ。

 オリックスの育成・中道は15年ドラフト育成5位で入団後に厚生労働省指定の難病「潰瘍性大腸炎」を発症。病とも戦ったが、支配下契約はならなかった。